過敏性腸症候群(IBS)・突発性難聴・耳鳴り・めまい・ばね指    腱鞘炎・足底筋膜炎が得意な鍼(はり)施術の専門院です。
高槻市の鍼灸整骨院 光司堂

顎関節症

顎関節症の症例

治療効果を知っていただきたいので

治療例の1部を掲載しています。

 

あなたの顎の痛み・違和感にそっくりな症状を見つけて下さい。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例1:口が指3本分以上開かない

患者

50代 男性

来院日

2018年 10月

症状

何十年前からか、口を大きく開けると「カクッ」として痛みがでる。

その後、顎に重ダルさがしばらく続くが、時間が経つと消える。

 

当時、色々と治療したが変わらなかったので、症状が出ないように気を付けながら生活していた、1週間前に大きく口を開けてしまい症状が悪化した、様子を観ていたが重ダルさが消えないので、HPを見て来院。

治療内容と経過

動きを診てみると、口を指3本分以上開けようとすると、痛みが出て、重ダルさが増す。

肩甲骨周辺に顕著なコリを確認できたので、関連する臀部のツボに鍼(はり)をすると、開けた時の痛みが軽減した。

 

次に、手のツボに鍼をすると、重ダルさが軽減したので初回は終了した。

 

2~4回(週2回)同じ施術を行い、全開しても痛み・重ダルさが失くなったので施術を終了した。

使用した主なツボ

膀胱兪R 外谷R 養老R

まとめ

顎の動きに問題がある場合、肩甲骨の動きが悪かったり・顕著なコリを確認できる事が

多い。

 

今回の症例も、肩甲骨の動きを調整することで改善できた。

 

取り敢えず、悪化した重ダルさだけでもラクになればと、完治は諦めておられたが

重ダルさだけでなく、顎の痛みを気にせず、大きく口を開けて生活できる事を大変喜ばれていた。

 

 

 

  • 072-669-9948
  • 大阪府高槻市城北町1-9-4
  • お問い合わせ
Twitter