過敏性腸症候群(IBS)・突発性難聴・耳鳴り・めまい・ばね指    腱鞘炎・足底筋膜炎が得意な鍼(はり)施術の専門院です。
高槻市の鍼灸整骨院 光司堂

足の裏・踵(かかと)の痛み・モートン病

足裏の痛み・踵(かかと)の痛み・モートン病については

+こちらをクリック

足裏の痛み・踵(かかと)の痛み

治療効果を知っていただきたいので

治療例の1部を掲載しています。

 

あなたの足裏の痛み・踵の痛みにそっくりな症状を見つけて下さい。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例5:数年前から治りきらないモートン病

患者

30代 男性

来院日

2019年 10月

症状

数年前からモートン病があり、足底筋膜炎もある。

足の裏には、どこかしら常に違和感があり、テニスを週1でした後は特に足裏の真ん中

に1本硬い筋が張ったようになり、踵(かかと)を浮かせると、足裏の真ん中前が痛い。

数年前に症状が出始めた頃は、家の近くの整骨院で施術をしてもらっていたが、少し

マシにはなるが、完全になくなることがないので完治は諦めて通院を辞めていた。

当院には、膝の治療に来院されていて、膝の治療と共に足裏も施術をしていたが、膝の施術が終了したので、主に足裏の施術を始めた。

治療内容と経過

普段は、足裏に違和感だけで痛みは感じられない。足の裏に触れてみると、足裏に数箇所

顕著な圧痛部位があった。その中でも1番圧痛の大きい部位に反応する、ふくらはぎの

ツボに鍼(はり)をしたら、圧痛が大幅に軽減した。

 

次に下腿内側に鍼をすると、足裏の違和感が消失したので施術を終了した。

 

1週間後、テニス後に以前より足裏の症状がかなりマシになっていたが、踵を浮かすと足裏の真ん中に1本スジが通った感覚が出現してくる。

前回と同じ施術をして、追加で臀部のツボに鍼をすると症状が消失したので施術を終了

した。

 

後日、テニスをしたが症状が出現しなかったと連絡を頂いた。

使用した主なツボ

下承山LR 漏谷R 雲挟R

まとめ

足の裏の症状は安静にすると治まることが多いが、必ずしも安静にできる環境の方々

ばかりではない、再発を繰り返していて、完治を諦めておられる方々も多い。

足裏の症状の原因は主にふくらはぎに多いが、ふくらはぎに影響している原因が腕や

背中にあることも少なくない、患部や下半身ばかりを施術して、症状が改善しない場合は

腕や背中にも注目してほしい。

症例4:母趾球の痛み

患者

40代 女性

来院日

2019年 7月

症状

1ヶ月前ぐらいから、母趾球に痛みが出てきた。

我慢できない痛みではなかったので、様子を観ていたら

痛みが強くなってきた。整形外科に行ってレントゲンを撮ったが

骨には異常はないということでシップと痛み止めの薬をもらった。

 

その後、何日か様子を観たが症状が変わらないので、家の近所の

整骨院で、身体のバランス調整と足裏アーチを調整するために

テーピングをしてもらったら改善した。

 

整骨院で施術してもらってから約1週間後、再び、同じところに

痛みが再発したので、前回と同じ整骨院で同じような施術を

してもらったっが、前回の様に改善しなかったので、施術して

もらった日に自分で母趾球をグリグリし、イライラしたのでお酒

を少し飲んで寝たら、翌朝、痛くて目が覚め立てないほどになっていた。

 

その日が連休の初日で、休日だけでも何とかしてほしいと

ホームページを見て自転車で何とか来院。

治療内容と経過

〈初診日〉

母趾球を地面に着くと激痛なので、足裏の外側で足を引きずりながら来院。

右母趾を診てみると、熱感も腫脹もあった。

丁寧に触診してみると、母趾の付け根外側と、母趾球に2箇所ほど顕著な

圧痛があった。

 

母趾の付け根外側に圧痛・腫脹・熱感が診られたので、痛風と骨棘の疑い

も強く炎症症状が出ているので、炎症が収まらないと鍼施術しても

今の症状があまり変わらない可能性があることと、施術をして症状軽減

してもすぐに再発するようなら、後日、病院で検査をして頂く事を説明

したうえで、鍼(はり)施術を行った。

 

手とふくらはぎに鍼をすると、痛みが少し軽減し歩きやすくなった

もう1箇所ふくらはぎに鍼をすると、より痛みが軽減し、歩きやすく

なったので施術を終了した。

 

〈2診目〉

前回、施術した日に帰宅したら、少し疲れたので寝てしまい、

目が覚めたら劇的に症状が軽減していて、痛み・熱感・腫れ感が

10→3になっていた。

 

初診の翌日に、少し痛みはあるが、足の裏を地面に着きながら歩けて

いる状態で来院。

 

前回と同じツボと腰に1箇所、鍼(はり)を追加すると、ほぼ痛み無く

歩ける状態になったので施術を終了した。

まとめ

足裏の痛みも場所によっては、内臓疾患がある事で痛みが症状として

出ている場合がある、それと、ご自身でグリグリした事で腫脹と痛み

が増した可能性がある。

 

今回のケースは問診の時点で今の現状と、施術にあたっての説明を

患者さんにしっかり把握して頂いた上で、早期改善に繋がった事は

すごく良かったと思う。

 

痛みが思うようにならないからと、ご自身でグリグリしてしまうと

炎症や腫脹が増して出てしまう事、施術者としては説明が出来て

当たり前だと思うが、私にはすごく良い経験になった。

症例3:歩いていても足裏の踵(かかと)近くが痛い

患者

20代 男性

来院日

2018年 3月

症状

陸上競技で幅跳びをしていて、1ヶ月前から足裏の踵(かかと)近くが痛くなってきた。

整形外科に行って、骨には問題ないと診断を受け体操も教えてもらい、1ヶ月間毎日

してきたがパフォーマンスの時だけの痛みだったのに、最近、歩いていても痛みが出る

ようになってきて、内側のくるぶしまで痛みが広がってきた。

1週間前から練習を休んで療養しているが改善しないので、ホームページを見て来院。

治療内容と経過

〈初診日〉

歩いてもらっても、立っていても痛みの場所・度合いは変わらない。

 

足裏の痛い箇所から、ふくらはぎの過緊張により痛みが起こっていると推測し

ふくらはぎに鍼(はり)をすると「痛みが半減した」との事。

ふくらはぎにもう1本鍼をすると、歩いても立っていても痛みは消失した。

 

その場でジャンプしてもらうと、痛みが10→2になっていたので施術を終了した。

 

〈2診目〉(4日後)

日常の痛みは無くなったが、軽く練習してみてジョギング時に痛みが少し出る程度になっていた。

 

前回と同じ施術と足の運動軸を安定するために、足のツボに鍼をするとジャンプしても

痛みが消失していたので、治療を終了した。

使用した主なツボ

陰陵泉L 地機L 大腰L

まとめ

足裏の痛みは足裏に原因がない事が少なくない。

 

1ヶ月間、寝る前に整形外科で教えてもらった体操と、ご自身でマッサージ・シップをしていたが改善しなかった、それは痛みが出ている足裏に根本的な原因がなかったからと考える。

 

光司堂で提供している「整動鍼」という鍼(はり)技術では、足裏の痛みによるツボの細分化ができていますので、足裏に直接アプローチすることなく施術していきます。

症例2:フルマラソン後、足裏の外側が痛い

患者

20代 女性

来院日

2018年 2月

症状

 

3日前フルマラソンを完走した為か、足裏に体重がかかると足裏から足にかけて痛い。

以前にも同じような筋肉痛を経験しているが、いつも自己流のマッサージで改善できていたが、今回は痛みが少しも変化しないのでホームページを見て来院。

治療内容と経過

〈初診日〉

動きを確認してみると、歩いて右足が着地した時に足裏の外側から外踝(そとくるぶし)に

かけて痛みが走り、踵近くに顕著な圧痛・土踏まずにも硬さが確認できた。

 

膝のツボに鍼(はり)をすると、足裏の痛みが半減した。さらに、膝のツボにもう1本鍼をすることで大幅に軽減した。

次に、ふくらはぎに鍼をして、土踏まず・踵近くの圧痛も軽減したので施術を終了した。

 

〈2診目〉(2日後)

足裏の痛みの位置が、足を着地してから踵を浮かせると小指に近い位置になっている。

 

前回と同じツボに鍼をして、さらに、ふくらはぎに2箇所に鍼をすると痛みが消失したので施術を終了した。

使用した主なツボ

玉陽R 捻挫玉R 地機R 飛陽R 下承山R

まとめ

何ヶ月前からか練習などで走った後、左膝に痛みが出るようになり自己流マッサージで

改善出来ていたとの事だが、無意識に左膝をかばった動きになり、右足外側に負担がかかり同時にふくらはぎの過緊張も引き起こしていたと思われ、その蓄積が足裏等に影響し

痛みが出現したと考える。

 

足裏の不調はふくらはぎで改善することが少なくないが、闇雲に自己流マッサージなどを

しても改善しない事が多い。

症例1:踵(かかと)から足裏が痛くなってくる

患者

30代 女性

来院日

2016年 8月

症状

立ち仕事をしていて時間が経ってくると右の踵に痛みが出てきて足裏に広がってくる。

仕事場の近くで時間的に通えそうな治療院を探していたところインターネットで見つけて来院。

治療内容と経過

〈1診目〉

左右の足を触診したところ、右足のふくらはぎに強い緊張が感じられた。

ふくらはぎと足裏の連動性に着目しふくらはぎに鍼(はり)をしたところ、踵の痛みが半分ぐらいになった。次に足首のツボに鍼をしたところ、踵から足首にかけての痛みが違和感

程度までになった。活法整体で骨盤調整をしたところ、違和感も消失した。

 

〈2診目〉(10日後)

施術してからほとんど痛みは出なかったが、昨日ぐらいからまた段々と痛くなってきた。

しかし、以前に比べると痛みがラクになっているとのこと。

 

前回と同様の施術をしたところ、痛み違和感が消失したので施術を終了した。

使用した主なツボ・活法

骨盤の高低差の改善 捻転の調整 合陽R 地機R

まとめ

踵や足首の痛みは難治な症状と言われているが、ふくらはぎの動きを調整することで

早期回復することが多い。

  • 072-669-9948
  • 大阪府高槻市城北町1-9-4
  • お問い合わせ
Twitter