過敏性腸症候群(IBS)・突発性難聴・耳鳴り・めまい・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア・足底筋膜炎などを得意とした鍼(はり)施術の専門院。その他の症状でも是非、ご相談下さい。
高槻市の鍼灸 光司堂(年中無休)

車の後部座席で寝た後から痛くなってきた腰痛

症状

3日前に車の後部座席で座って寝ていたら、降りた時から腰に
重痛い感覚があった。時間が経つにつれてラクになっていった
が、次の日、テニスをしていると腰の同じ場所あたりが痛くな
ってきて、1日様子を診たが痛みが変わらなかったので、
ホームページを見て来院。

  • 来院者

    男性

    40 代

  • 期間

    2017年12月 ~ 2017年12月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

施術と経過

〈初診日〉
腰を前に曲げる事はできるが、身体を左へ捻じりながら腰を
曲げていこうとすると右腰に痛みが出る。
手のツボに鍼(はり)をすると、右腰の痛みが半減した。
次に肘のツボに鍼をすると痛みがほぼ消失したので施術を
終了した。

〈2診目〉
前回の施術で、左へ捻じりながら前屈痛は消失したが
しゃがむ時に何となく右腰に痛みがある。
臀部のツボに鍼をすることで消失した。

その後、1週間様子を観て頂いたが、症状消失との
連絡を頂いたので、治療を終了した。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

車の後部座席で寝ていた事がキッカケで動きの
連動性が崩れてしまい、自己修復している上に
テニスで再び負荷がかかってしまった状態と思われる。

手からの緊張が肩甲骨の動きを悪くし、肩甲骨と骨盤
の関係性がバランスを崩したと判断し施術したことが
早期回復に繋がった。

担当スタッフ

  • 072-669-9948
  • 大阪府高槻市城北町1-9-4
  • お問い合わせ
Twitter