過敏性腸症候群(IBS)・突発性難聴・耳鳴り・めまい・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア・足底筋膜炎などを得意とした鍼(はり)施術の専門院。
高槻市の鍼灸 光司堂(年中無休)

過敏性腸症候群(IBS)は足のスネに解決策

当院はお腹の症状に強い鍼(はり)施術に特化した治療院です。 

※安心して下さいお腹に鍼をすることはありません(主に手や足です)

こんな過敏性腸症候群(IBS)症状でお悩みではありませんか?

  • 常にお腹が張って痛い、苦しい、つらい。
  • 家では何とも無いが、教室・電車内がつらい。
  • 背後に人が来ると、ガスが溜まりやすい。
  • 大事な場面でお腹が痛くなる。
  • 下痢と便秘を繰り返し起きる。
  • 病院でのお薬が効かない。
  • 気にし過ぎと心療内科をススメられた。
  • 排便のスッキリ感が何年も得られていない。

など・・・

外見からはわからない・わかってもらえない・・・

親・兄弟・友達・誰にも相談できない・・・このツラさ・・・

そんなあなたの解決に向けて、当院は全力でお力になりたい。

 

当院の施術を受けて過敏性腸症候群(IBS)を改善されている患者様の声をご覧下さい。

①鍼灸が効くとは思いもせずだいぶ楽になってます。

茨木市 40才代 女性

IBSで伺いました。一つ一つ丁寧にどこの場所が効くのか探してくれ施術してくれました。今まで色んな薬など試してましたが、まさか鍼灸が効くとは思いもせずだいぶ楽になってます。他にも生理痛や花粉なども効くそうなので体調不安な時は通いたいと思います。先生も気さくな方で緊張しませんでした。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

②仕事ストレスでお腹がキリキリ痛み、医師から過敏性腸症候群と診断されました。

箕面市 30才代 女性

仕事上のストレスでお腹がキリキリ痛み、医師から過敏性腸症候群と診断されました。数週間に渡って薬を服用しても痛みが改善されないため、前からお世話になっている光司堂に行ってみました。 まずは腹部の痛む箇所を確認、次に離れた脚のツボに施術をしてもらったところ、不思議と腹部の緊張が緩みました。ついでに慢性的な首の痛みも緩和してもらったのですが、施術時間は全部で30分程度だったと思います。 施術後1週間ほど経ちましたがよい状態は続いており、ぶり返してはいないようです。過去数ヵ月間程、薬の効かない腹部の痛みが続いて心配だったのですが、このまま治りそうです。

門田先生、ありがとうございました。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 
いかがでしょうか?
あなたの症状が同じように改善していくように、全力でお力になります。
私と一緒に改善を目指すために、今苦しんでおられる過敏性腸症候群について理解してみましょう。

過敏性腸症候群(IBS)について

 

過敏性腸症候群(IBS)の症状は大きくわけて「下痢型」「便秘型」「ガス型」「下痢と便秘を繰り返す交替型」があります。

 

中でも、「便秘型」は女性に多く、「下痢型」は男性に多く見られます。

そのメカニズムは、大腸のぜん動運動が盛んになり、腸の内容物の水分が十分吸収されず排泄されるケースが下痢状態、その逆で大腸のぜん動運動が減少することで内容物が腸内にとどまる時間が長くなり、その間に水分が吸収されて硬く小さな便となる、さらに、大腸のS状結腸に異常な収縮運動が起こり、便がせき止められる為、便が出にくく出てもコロコロした便になってしまうのが便秘状態。

 

「下痢」と「便秘」症状は正反対だが、どちらも腸の運動異常が原因とされている。

 

一説によると、消化器内科を受診する患者の約半数が「過敏性腸症候群(IBS)」だというレントゲンや内視鏡・便の検査をしてみても、何の異常も見られないのに、明らかに便通に異常があるのが「過敏性腸症候群(IBS)」の特徴です。

※「過敏性腸症候群」かなと思ったら、IBSに似た難病もありますのでまずは病院で検査を受けて頂く事をオススメします

 

過敏性腸症候群(IBS)の原因

 

はっきりとした原因は今のところわかっていません。しかし、「過敏性腸症候群」は腸や内臓に疾患があるわけではなく、腸がバランスよく機能しないことに問題があります。

 

これには、ストレスに大きく影響されていると考えられていて、腸だけではなく身体全体のバランスが大きく関わっています。

 

腸と脳は「脳腸相関」といい、密接に関係し互いを影響しあっています。

脳が精神的な影響で強いストレスを受けると、自律神経を介して胃腸に伝達され、胃腸の不調を起こし、胃腸の不調は強いストレスになり、再び脳に伝わって悪循環を起こす。

 

この脳腸相関の悪循環は時間と共により根深いものとなっていきます。

 

過敏性腸症候群と同じような悩みを持つ「空気嚥下症」「呑気症」「げっぷ」「腹鳴り」「腹鳴恐怖症」「機能性胃腸症」「NUD」「機能性ディスペプシア(FD)」「反復姓腹痛」についても同じようなことが言えます。

 

当院での過敏性腸症候群(IBS)への鍼(はり)治療

 

過敏性腸症候群(IBS)の治療は、薬物療法・食事療法(低フォドマップ)などが代表的ですが、それでもあまり結果が良くないのは、崩れた身体のバランスの為に身体が過緊張を起こしていて(自覚症状が無い方が多い)、特に腹部の硬さと密接な関係があると考えます

 

腸の症状は、お腹の硬さとして現れますので、お腹の硬い部分を探していき、その場所を緩めるために、主に手足のツボに鍼(はり)をすることで、身体全体のバランスも整える事ができるのです。(直接、お腹に鍼をすることはありません)

 

発症年齢は若年層に多く、症状を抱えたまま中高年まで悩み続ける方も少なくありません

 

当院は私1人しかおりませんので、完全プライベートになっております。

身近な人にも相談しづらい症状です、私と一緒に改善していきましょう。

 

個人差はありますが、5回~15回ほどの治療で日常生活で不安を感じない状態まで改善することを目指します。

 

治療の頻度・回数

 

治療を始めてから1・2ヶ月は週2回が理想的です。

治療の期間を空けると、身体の過緊張が段々戻ってくるからです。

 

身体のバランスが安定してきたら、段々と期間を開けていくように調整していきます。

 

治療の回数は約5回~15回行わせていただきます。

この5回~1回回復のスピードに個人差があるからです。

 

15回以上もう少し続けるかは、経過と御本人のご希望を考慮して決めていきます。※こちらから継続を強要することは決してありません

施術料金

初回

初診料 2000円(税別)

施術料 5000円(税別)

  (高校生以下) 3000円(税別)

2回目~

施術料 5000円(税別)

  (高校生以下) 3000円(税別)

※1ヶ月間、再受診の場合、初診料が再び掛かります。

 

 

乳幼児や児童と一緒でも安心!!大歓迎です(^o^)

ベッドが雑然と並び、スタッフや患者さんが入り乱れる落ち着かない雰囲気の治療院が数多くありますが、光司堂は患者さんが施術を受けやすい環境にもこだわり、落ち着いて施術を受けることで施術効果が随分と変わってくる為、プライバシーへも配慮し施術室は完全個室で、他の人には聞かれたくない悩みも相談しやすく、症状の根本改善へ繋がりやすくなっています。

 

ベッドをたたんで、床にマットを敷いてフラットな状態でお子さんと並んで施術を受けて頂くことも可能です。

 

プライベート空間で、安心して施術をお受けください。

 

どんな服装がいいの?

通勤・通学時など、どんな格好でも安心して下さい。

着替えもこちらでご用意させて頂いていますので問題ありません。

 

なるべく早く卒業して頂く事を目的に施術しています。

痛みの軽い方は週1回、痛みの重い方には週2回程度の通院を提案させて頂いています。※強引な通院は決してススメません

 

少しでも不安があるようでしたらお電話を頂くか、メール・LINEでもお問い合わせいただければ、大歓迎です。

 

最後に

 

過敏性腸症候群(IBS)は命にかかわる病気ではないけれど、その人の人生にかかわる苦しみであることは疑いようがありません。

 

身近な人にさえ相談しづらい病気だし、理解してもらうのが難しい病気です。今は毎日がツラく不安だとしても、鍼(はり)治療で良い方向に改善できる可能性があります。

 

私は、そんな方々と寄り添って笑顔を創っていけたらと思っています。

 

※鍼(はり)治療には色々なやり方があります、当院では「整動鍼」という技術を採用しています。沢山、身体に鍼(はり)を刺すのではなく、最小限の鍼数で最大限の効果が特徴にります。

 

 

 

  • 072-669-9948
  • 大阪府高槻市城北町1-9-4
  • お問い合わせ
Twitter