大阪府高槻市の駅から徒歩3分、鍼灸(はりきゅう)・整体|頭痛・突発性難聴・耳鳴り・肩こり・腰痛・首の痛み・四十肩・腱鞘炎・ばね指・膝痛・股関節痛・足裏の痛み・生理痛・月経不順・過敏性腸症候群(IBS)が得意です。

背中の痛み

背中の痛み症例

治療効果を知っていただきたいので

治療例の1部を掲載しています。

 

あなたの背中の痛みにそっくりな症状を見つけて下さい。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

症例1:寝返りするたび激しい痛みで起きてしまう

患者

40代 男性

来院日

2018年 1月

症状

2週間前から肩甲骨の間あたりが突っ張るようになり、常に痛くなってきた。

横になっているのがツラいが、何とか寝たとしても寝返りをうつと、背中に激しい痛みで起きてしまう。ここ1週間ほどまともに眠れていない。ホームページを見て来院。

治療内容と経過

〈初診時〉

動きを診てみると、顔を下向きおよび左向き時に後頭部から首に縦すじと、右肩から肘にかけて痛みが増す。

 

胸椎の動きに問題があると判断し、関連する手のツボに鍼(はり)をすると下向き時の痛み

が軽減、もう1箇所の手のツボに鍼をすることで、左向き時の痛みも軽減した。

 

下向きで右肩から肘にかけての痛みが重ダルさに変わり、肩甲骨のツボに鍼をすると大幅

に改善した。寝返りをしていただくと、「10→2」に症状が軽減していたので施術を終了

した。

 

〈2診目〉(3日後)

寝やすくなっているが、右向き時に右首部から肘にかけて少し痛みが出現するようになった。

 

首の動きと胸椎の連動性に問題があると考え、関連する手のツボ2箇所と前回と同じツボ

に鍼をして、症状が消失したので終了した。

使用した主なツボ

T2(1)R 六谿R ふくら②R 六谷R 精霊R

まとめ

背中の痛みが、手の緊張を主に緩和することで改善できた。

 

患部に直接刺激しても、症状が一時的に落ち着くが再び出現することが少なくない。

なぜなら、原因が患部にないことが多いからと言える。

 

原因を丁寧に探したことで、早く症状改善できた症例である。

  • 072-669-9948
  • お問い合わせ
Twitter