大阪府高槻市の駅から徒歩3分、鍼灸(はりきゅう)・整体|頭痛・突発性難聴・耳鳴り・肩こり・腰痛・首の痛み・四十肩・腱鞘炎・ばね指・膝痛・股関節痛・足裏の痛み・生理痛・月経不順・過敏性腸症候群(IBS)が得意です。

過敏性腸症候群(IBS)・胃のトラブル

過敏性腸症候群(IBS)・胃のトラブルの症例

治療効果を知っていただきたいので

治療例の1部を掲載しています。

 

あなたの頭痛にそっくりな症状を見つけて下さい。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

 

過敏性腸症候群(IBS)の症状解説ページはこちらをクリック

症例1:月に何回かトイレに間に合わず粗相をしてしまう(過敏性腸症候群)

患者

30代 男性

来院日

2015年 10月

症状

10年ぐらい前から、腹痛が頻繁に起きるようになった。月に何回かはトイレに間に合わず粗相をする事があり、最近は腹痛が起きてからトイレまでの我慢できる時間が短くなり

車や電車での移動が不安である。

 

背中が寝ていてもハリ感を感じるようになり、背中の治療の為に来院していただきましたが詳しく話を聞いてみるとお腹の不調が発覚。

治療内容と経過

〈初診日〉

腹部全体を緩めるため、手のツボに鍼(はり)をした。

腹部全体が緩んだので局所の圧痛箇所がわかりやすくなり、その箇所を緩めるために足の

ツボ2箇所に鍼をした。腹部の張りを緩めると、背中のハリ感もラクになったので施術を

終了した。

 

〈2~4診目〉

1週間間隔で治療を続け、施術を受けるたびに腹痛の強さ・回数が減っていき、今の所

粗相も1度もしていない。

 

現在も予防のため、月1回の通院を継続されている。

使用した主なツボ

合谷R 陽陵泉R 陰陵泉R

まとめ

背中のハリ感はお腹の不調を改善することで消失した、何より10年前からあった症状が

数回の鍼治療で改善できた。

 

過敏性腸症候群で悩んでいる方はたくさんいます、その方達に鍼施術で改善できること

をもっと知ってもらい、今より楽しい日々が送れるように、もっと情報を発信できるように頑張って行きたい。

  • 072-669-9948
  • お問い合わせ
Twitter