大阪府高槻市の駅から徒歩3分、鍼灸(はりきゅう)・整体|頭痛・突発性難聴・耳鳴り・肩こり・腰痛・首の痛み・四十肩・腱鞘炎・ばね指・膝痛・股関節痛・足裏の痛み・生理痛・月経不順・過敏性腸症候群(IBS)が得意です。

膝の痛み

  膝の痛み症例

治療効果を知っていただきたいので

治療例の1部を掲載しています。

 

あなたの膝の痛みにそっくりな症状を見つけて下さい。

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

 

膝の痛みの症状解説ページはこちらをクリック

症例8:しゃがんで立ち上がり時に膝全体に痛みがでる

患者

30代 男性

来院日

2018年 1月

症状

以前からフットサルをした後、左膝に痛みが出ていて数日したら消失していたので、あまり気にしていなかったが、数日前からしゃがんだ姿勢から立ち上がる時に痛みがでるようになった。中々痛みが治まらないので、ホームページを見て来院。

治療内容と経過

〈1診目〉

動作を確認すると、しゃがんでから立ち上がる時以外で痛みが出る事はなかった。

 

まず膝の軸を調整することを目的に、関係する臀部のツボに鍼(はり)をすると大幅に軽減

した。腰のツボにもう1本鍼をすることで「痛みが膝裏の奥に変わった」との事なので、

腰のツボに鍼をして軽減、大腿前面の張りが気になったので背中のツボに鍼をし動作痛が

消失したので施術を終了した。

 

〈2診目〉(1週間後)

しゃがんでから立ち上がる時の痛みは消失しているが、少し動きツラさがある。

 

臀部のツボに鍼をして軸を調整し、足のツボにも鍼をすることで動きツラさが消失したので施術を終了した。

1週間後に連絡をいただき、「再発していない」との事なので治療を終了した。

使用した主なツボ

膝根L 腰眼L L3(2)L T11(1.5) 大腰L

まとめ

股関節~膝~足首にかけて、その人なりの軸があり、その軸の調整することで膝の不調を改善に導くことが少なくない。

症状7:しゃがむ動作とあぐらで足を拡げると膝裏からふくらはぎが痛い

患者

30代 男性

来院日

2018年 1月

症状

仕事上しゃがむ動作が多いのだが、昨日、仕事の最中に左膝に激痛が走った。

その後からしゃがむ事ができなくなり、あぐらでも膝裏からふくらはぎにかけて痛い

 

以前、腰痛で来院して下さり再来院。

治療内容と経過

〈1診目〉

動作を確認すると、90度以上しゃがむと膝裏からふくらはぎにかけて、物が挟まっている感じで痛みが、あぐらをかいて股関節を外に開いていく(外旋)と同じ痛みが出てくる。

 

膝を曲げやすくする為に臀部のツボに鍼(はり)をすると、痛みと物が挟まっている感じが半減し、腰のツボにもう1本鍼をすることでより軽減した。

 

あぐらをかいてもらうと、ほぼ痛み・挟まっている感無くできるようになったが、2割程度、痛み・違和感が残っていた。様子を観てもらうため施術を終了。

 

〈2診目〉

前回までの痛み・挟まっている感は大幅に軽減しているが、しゃがんだ時に踵を浮かせると痛みが増し、挟まってる感が膝裏の外側に感じる、両膝下にも曲げにくさが少し出てきた。

 

前回と同じ施術と股関節に関係する足の甲のツボに鍼をすると、しゃがんだ時に踵を浮かせても痛みが消失したが、挟まってる感は残っていた。

背中に膝に関係する箇所があり圧痛があったので、そこに関係するツボに鍼をすると消失

どのようにしゃがんでも、あぐらをかいても苦ではなくなったので治療は終了。

使用した主なツボ

膝根L L3(2) 中腰L 光明L 承山L

まとめ

今回の膝の症例は股関節と臀部・胸椎が大きく関係していた。

膝の動きは臀部と背中に連携している。

膝の動きの軸を整え、股関節を調整することで早く改善することができた。

症例6:階段の昇降時に左膝が痛い

患者

20代 女性

来院日

2017年 5月

症状

3日前に友達とはしゃいだせいか、普段の歩行は痛みは出ないが

階段の昇降時に膝全体に痛みが出る。

整形外科に行ってレントゲンでは骨には異常はない、電気などをしてもらったが

症状が変わらないので、友達の紹介で来院。

治療内容と経過

動作を確認してみると、膝を曲げて体重が乗ると痛みが出やすくなる事がわかった。

膝に関連する臀部のツボに鍼(はり)をすると、階段の昇降時の痛みが大幅に緩和され

曲げ伸ばしもスムーズになった。膝全体が大幅に改善されると、膝の外側の痛みが目立っ

てきたので、関連する背中と足の甲に鍼をすると、さらに緩和した。

 

〈2診目〉(4日目)

大幅に改善しているが、階段の昇降時に大腿部の外側から膝外側にかけて、張り感が

出てきた。前回と同様の施術をして、関連する腰のツボに鍼を追加しました。

階段の昇降時の痛みは消失し、両膝が同じように動くようになったので終了した。

使用した主なツボ

膝根L T10(1) 大腰L L5(2)

まとめ

膝の動きの軸を整える事で動きがスムーズになる、そのために臀部と胸椎が大事になってくる。今回も痛む所だけに着目せず、身体全身の動きの連動を整える事で少ない刺激と回数で改善することができた。

症例5:膝を曲げたり、階段を降りる時に痛みが出る

患者

30代 女性

来院日

2017年 4月

症状

1ヶ月前ぐらいから歩いている時に、何となく左膝に違和感が出てきて、いずれ無くなるかな?と思っていたら、違和感が痛みに変わり右膝も痛くなってきて、階段を降りるのが

1番ツラい。治療院が家から近い事もあり来院。

治療内容と経過

膝を曲げる動作と段差から降りる際、膝に体重がかかると痛みが出ることがわかった。

膝を触れてみても、熱や圧痛はない。臀部に反応があったので、そこに鍼(はり)をすると

膝を曲げる動作が少しラクになった、腰にも鍼を加えると膝を曲げても、段差で体重を

かけても痛みが消失したため施術を終了した。

 

〈2診目〉(3日後)

ほぼ痛みはないが、膝を曲げきった時に膝の奥に違和感が出る。

前回と同じ施術を行い、膝を安定さすために背中に鍼をして違和感消失したので終了

 

1週間様子を観てもらったが、全く問題ないとのことで治療を終了した。

 

使用した主なツボ

膝根L 志室L T9(1)L

まとめ

痛みを取ることより、膝の動きの軸を改善するように施術した結果、1ヶ月前からあった膝の不調が消失した。痛みがある所が原因でない事がよくわかった症例でした。

 症例4:半年前から、正座ができない

患者

70代 男性

来院日

2017年 3月

症状

半年前から正座をしようとすると、右膝に何か引っ掛かっているような感じで、曲げきると膝下に痛みが出てきて、1ヶ月前から膝の外側にも痛みが出てきた。

歩いていても違和感さえなく生活に支障は無かった為ほっといたが、最近あぐらをかいても痛みが出てきて疼く。奥さんのススメで来院。

治療内容と経過

触診にて膝には圧痛が見当たらない、膝の動きの軸を調整するために臀部のツボに反応が

あったので、そこに鍼(はり)をした。

正座をしてもらうと、膝の痛みが大幅に軽減していた。胸椎のツボにもう1本鍼をすると

膝の外側の痛みも消失し、正座ができるようになったので施術を終了した。

 

〈2診目〉(3日後)

痛みが消失し問題なく正座ができているが、何となく膝奥に違和感がある。

1診目と同じ施術をして、1週間様子を観てもらったが違和感も消失したと連絡を頂いたので治療を終了した。

使用した主なツボ

膝根R T10(1)R

まとめ

半年間も痛みがあり、それを少ない刺激と通院回数で消失したので

「こんなにすぐに痛みがとれるならもっと早く来ればよかった」と言って頂けた。

今後とも、できるかぎり少ない刺激と通院回数で、患者さんに負担が少なくなるように

技術を研磨していきたい。

症例3:朝起きたら膝が曲がらず、少しでも動かすと激痛が走る

患者

60代 女性

来院日

2017年 3月

症状

2週間前ぐらいに朝起きると、思い当たる原因もないのに左膝を少しでも動かすと激痛

が走る。その日に、整形外科に行きレントゲン・血液検査をしてもらったが問題なく

内側半月板が薄くなり、それが原因で痛みが出ていると言われる。

2週間毎日、整形外科で教えてもらった膝運動と電気治療&マッサージの施術を受けるが

痛みが変わらないため、息子さんの紹介で来院。

治療内容と経過

来院時はほぼ右膝が曲がらず、松葉杖をつきながら足を引きずる状態だった。

触診にて、熱感は感じられず左膝をかばっているため、右臀部から右大腿後面にかけて

張りがあり、圧痛がある。

 

右膝の軸がぶれていると判断し、関係する臀部のツボに鍼(はり)をすると膝の可動域が

広がり痛みも少し軽減した。

2回目、3回目と3日おきに施術をしていき4回目には痛み無く、生活に支障がない程度

まで改善し、正座をすると曲げきる時に違和感が出る程度。

 

後は自力で運動して様子をみるとの事で終了。

使用した主なツボ

膝根L 殷門L 腰海RL

まとめ

腰や臀部に原因があり、そこを施術することで早期回復になったと思われる。

症例2:ランニング始めてから、膝外側が痛む

患者

40代 男性

来院日

2017年 3月

症状

2週間前からランニングを始め、1週間前から走っていると膝の外側が少しずつ痛み出し

走るたびに痛みが増していき、3日前から常に疼きはじめ、階段の昇降時が特に激痛で

奥様の紹介で来院。

治療内容と経過

踏み台を昇降してもらうと、左膝外側から下腿外側にかけて痛みが出る。

 

膝の動き軸を調整するため臀部のツボに鍼(はり)をすると、昇降時の痛みが半減した。

痛みの場所が少し前よりになり、痛みの場所から反応する膝裏のツボに鍼すると、

どのように動いても痛みが「10→1」ぐらいになったので治療を終了した。

使用した主なツボ

膝根L 眼裏L T10(1)L

まとめ

1週間様子を観てもらいましたが再発しなかったと連絡を頂きました。

膝の痛みは臀部の関わりが多い、今回は典型的な例であった。

症例1:階段の昇降時に膝が痛い

患者

30代 女性

来院日

2016年 12月

症状

2週間前ぐらいから、階段の昇降時に膝の皿下外側が痛くなり、日に日に痛みが増し

今では、何もしていなくても疼いている。朝、目が覚めて膝を伸ばそうとすると激痛

が走り、動かしていると少しマシになる。

治療内容と経過

治療院の踏み台を階段と見立てて昇降動作をしてもらうと、左足からの昇りが特に痛みが

出ることがわかった。仕事上、立ったり座ったりが多く、何かのキッカケで膝の動作軸が

ブレて、それが負担になり痛みが出たと考えた。

 

原因と思われる臀部のツボに鍼(はり)をしたところ、昇降時の痛みがマシになり痛みの

ポイントがより鮮明になった。続いて、背中と大腿後面のツボに鍼をすると、ほぼ痛み

が失くなったので施術を終了した。

 

1週間後、何となく違和感だけが残っている。

前回と同じ施術と背中のツボに1本鍼をすると、違和感も消失したので終了した。

使用した主なツボ

膝根L T10(1.5)L 眼裏外 T12(1.5)L

まとめ

膝の痛みがある場所を直接施術しても、痛みが取れない事が多い。

それは、根本的な原因が別の場所にあるからである。

  • 072-669-9948
  • お問い合わせ
Twitter