★身体が重くて、特に頚部の後面がつらい

●患者

30代 男性

 

●来院日

2018年 3月

 

●症状

1ヶ月前ぐらいから身体が重だるくなってきて、特に頚部の後面がつらい。

マッサージにも何回か行ったが、その時はラクになるがすぐに戻ってしまう。

ホームページを見て来院。

 

詳しくはこちらをクリックして下さい 頚こりー症例11

 

●治療内容と経過

〈初診日〉

頚部から肩にかけて全体的に重だるいとの事だが、強い緊張が見当たらない。

 

臀部のツボに鍼をすると、重だるさが大幅に軽減した。

 

再び動きを検査してみると、頭を倒す時と振り向いた時に右頚部に強い張りが出る事がわ

かった。

 

対応する胸椎の調整のため、手にあるツボ2ヵ所に鍼をしたところ右頚部の強い張りが消失

し全体的な重だるさも10→1になったとのこと。

 

その後、重だるさに波はあったが4診目で「重だるさを感じなくなった。」との事で治療を

終了した。

 

●使用した主なツボ

外秩辺L 内谷R 後谿R 項強R

 

●まとめ

長い時間座っている事が多いとのことで、臀部の過緊張が主に身体の重だるさの原因になっ

ていたと考えた。

 

首や肩がつらいとしても、そこに原因が無い事が少なくない。

 

詳しくはこちらをクリックして下さい 頚こりー症例11

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

 

★肩が痛いー症例6(1年前位に転倒してから、何かのキッカケで痛みがでる)

●患者

70代 女性

 

●来院日

2018年 2月

 

●症状

1年前位に転倒してから、左肩が何かのキッカケでいたくなる。

痛みがでると、しばらく疼く様な痛みが続き治まっていく事の繰り返しだったが

最近、痛みがでて治まる期間が長くなり、疼きで寝れない時もある。

病院にも何度か行って精密検査をしたが、湿布と痛み止め処方のみで改善しないので

お知り合いの紹介で来院。

 

●治療内容と経過

〈初診時〉

両腕を前方から挙上してもらうと、左腕が右腕に比べると痛みは無いが挙げきれない。

左肩を内旋すると肩後面に痛みが出ることがわかった。腕の挙上に関連する腰のツボに鍼す

ると、腕の挙上の左右差が大幅に改善され背中のツボに鍼をすることで、

内旋時痛が消失した。踵のツボに鍼をして肩を調整し施術を終了した。

 

〈2診目〉

疼きは出現していないが左腕を挙上すると、挙げきったところで引っ掛かる。

左前腕を回内すると肩全体に痛みが出現していた。

手の甲と背中のツボに鍼をすると、肩の引っ掛かりや肩全体の痛みも消失したので治療を終了した。

 

●使用した主なツボ

志室L T6(1) 足太陽L 精霊L T4(1)

 

●まとめ

転倒した際に、肩の動きの軸に不具合が生じたと考え

まず動きの軸を調整したことで、長い間の肩の不具合も大幅に改善した。

2診目後、1週間様子をみて頂きましたが再発がないとのことで治療を終了した。

 

詳しくは治療例こちらをクリックして下さい。

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

 

★肩こりについて解説

●肩こりってどんな状態?

肩こりは、簡単に言えば「筋肉が緊張している状態」です。
つまり、筋肉が常に縮んで硬くなっている状態の事です。

肩こりといっても、頚や背中、肩甲骨、肩関節にかけての筋肉が関係してくるため広範囲に
わたってコリを感じることがあります。

●肩こりの主な原因?

ずばり、頭の位置です!!

通常、頭頂部から 耳・肩・腰椎・骨盤・膝・くるぶし が1本の線で真っ直ぐ通ったライ

ンが、理想的な姿勢と言われています。

頭の位置が身体の中心ラインよりズレていると、重い頭を支える為に首肩の筋肉が緊張する

ことによって支えてバランスを保っているんです。

 

これが長時間、続けば続くほど筋肉が硬くなっていき「肩こった~」になります。

 

だからといって、首肩の筋肉を直接マッサージなどで施術しても、その時は「ラクになっ

た」と感じてもまた元に戻るのは、本当の原因が他にあり、そこを施術しないと根本治療に

はなりません。

 

当院では、日常の動きや姿勢から本当の原因を推測し、全身を診ていきます。

 

肩こりに伴う様々な症状

○頭痛
○突発性難聴・耳鳴り
○めまい
○目の疲れ(まぶたがピクピクする他)
○不眠症
○腱鞘炎
○シビレ

 

当院の治療

 

肩こりの主な原因は、頭の位置と申し上げましたが

強引に頭の位置を戻せば良い訳ではなくその人なりの頭の良い位置に必然的に戻るような

身体にしていく事を目的にしています。

 

なぜなら、肩こりが起きる姿勢や動作によって身体の筋肉に熱が発生し、その熱が気球の原

理つまり、「熱い空気は冷たい空気よりも軽い」という原理のもと、下で作られた熱は上に

あがっていき膨張しようする、しかし、頭は膨らまないので内圧が熱と共にあがっていき

しかも硬くなった筋肉はポンプ作用を失い、血流が悪くなり酸素も脳に行きずらくなり酸欠

になりダブルで頭がボーッとなり頭痛にもなりやすい要因になる。

 

もう1つ見過ごしてはいけないのは、呼吸です。

 

肩こりに限った事ではないが、何かしら身体に不調がある方は、呼吸を止めている事が多く

それ故に、身体の内圧が高まり内蔵機能・筋肉・関節が動きつらくなっていき、良く聞く

自律神経を狂わせていく事になってしまいます。

 

《肩こりの問題を根本から解決していくため》

●こりや痛みの原因となる手・肘・足・膝・腰・背中のツボにアプローチし肩甲骨の動き
 と全身のバランスの調整。

●内蔵機能を調整するツボで対応する。

●呼吸を養成していく。

一緒に解決していきましょう。

頚頚腕症候群・肩こり・寝違えの症例はこちら

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TLE072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

★症例1:月2回ほど後頭部からこめかみにかけて痛くなる頭痛

●患者●

30代 女性

●来院日●

2017年 3月

●症状●

高校生ぐらいの時から頭痛があり、病院で検査してもらった事もあったが異常はなく

薬で症状を抑えている状態だった、段々、薬が効きにくくなってきていた。

2ヶ月ぐらい前から薬が全く効かなくなったので、家の近所の当院に来院。

 

●治療内容と経過●

〈初診日〉

後頚部から肩にかけて、著しい硬結が3か所確認できた。

腰部の後頚部の硬結部に、対応するツボに鍼をし て、さらに、肘と臀部の肩にかけての硬結部に対応するツボに鍼すると、著しい硬結がかなり軽減し た。

患者さん自身にも触って確認してもらい、この日は終了した。

 

2診目(3日後)

後頚部から肩にかけての重だるさが、かなり軽減され頭痛も半分ぐらいになっている。

お腹の反応を触診しててみると、下腹部に反応があり、生理の近い日に頭痛が起きる事が多くない か 確認すると、生理が近いと頭痛になりやすい事がわかった。

前回と同じツボに加え、子宮環境を整える為、足のツボに鍼にも鍼をした。

下腹部の反応と肩の硬結部がさらに緩んだ事を、患者さんにも確認してもらい終了。

〈6診目〉

後頚部から肩にかけての硬結と頭痛がなくなり、以降は経過をみている。

 

●使用した主なツボ●

空髎L 曲池L 外秩辺L 三陰交L

 

●まとめ●

子宮環境を整える事によって、頭痛が消失することは珍しくない。

 

頭痛の痛みを取る事を重視するより、後頚部から肩にかけての辛さは、肩甲骨の動きの悪さ

により 発生していることが多く、肩甲骨の動くを調整することで、頭痛がラクになることを

もっと知って もらいたいです。

詳しくはこちらをクリックして下さい。

 

予約優先制です。ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★生理痛・PMS(生理前症候群)からの・・・

先週の 日・月 2日間、東京で「整動鍼 腹背編」という鍼のセミナーに参加してきました(^^)

今回のセミナー内容は、内臓を調整して身体の動きをよくするという内容でした

また、治療の幅が広がりました

1人目は以前から、肩こり・頭痛・腰痛・生理痛があり本日はここ2・3週間で左の肩こりが酷く、常に岩が乗っているかのごとく重く毎日のように、高校生の息子さんに強く押してもらっていたそうです。

 

来院するなり、辛そうでどの様に動かしても重痛いのは変わらず左の肩に触れても感覚がないとの事その中でも、頭を後に倒す事と右に倒すと左側の頚部がつっぱり痛みが増す事がわかった。

 

生理痛もあるとの事でしたので、「生理前か生理中に肩こり・頭痛が酷くなることありませんか?」と尋ねてみたところ、気にした事がないからわからないとの返答で、

 

「生理痛で痛い場所を押さえれますか?」と尋ねると指をさされ、そこを触診すると左側に激痛が走るぐらい痛いところがあり

よく話を伺ってみると2.3年前のある日、家で寝ていると小型犬がお腹の上を横切った時に1箇所激痛が走るポイントを発見し、何箇所かの婦人科でいろいろ調べてもらったが問題が見つからなかったそうでどうしていいのか解からなかったそうです。

 

確認の為、お腹のもう1箇所を触診してみるとそこも左側に反応がありました。その辺を参考に左足首に1本鍼をしました。

 

10分後、お腹の激痛ポイントが消失してしまいました!!

 

患者様もビックリして何度も何度もお腹中触りまくり激痛ポイントを探していましたが見つかりませんでした~

座ってもらい肩の具合を伺うと、岩がなくなったとの事。

まだ少し頚部に痛みが残るので、手に鍼をすると消失

施術終了後、肩こりがラクになったことよりも2.3年前から不安だったお腹の激痛ポイントが消失したことが不思議だったようでいつまでも、お腹の痛かったポイントを探すようにお腹のあらゆる所を押しながら、首を傾げて素敵な笑顔になっておられたことが印象的でした。

 

2人目は1週間前から急に左肩甲骨内角あたりと右肩が首を動かしたり、腕を動かすと痛く肩こ

りの酷くなったような痛みがでるとの事、4.5年前に祖母が亡くなる前、普段肩こりなどで辛いなど何も言わなかった人が急に肩こりが辛いと言い出し、特に左肩が常に重痛いと言っていて、蓋を開けてみたら 膵臓ガンの末期だったという事もあり、この患者様はすごくナーバスになっておられました。

 

この患者様にも「生理前か生理中に肩こり・頭痛が酷くなることありませんか?」と尋ねてみたところ、そういえば・・・という事で

お腹を丁寧に探ってみると3箇所ほど反応点が見つかり、それに沿って 手や足に3箇所刺鍼したところお腹の反応点は消失し肩の痛みも8割無くなり、背中に2箇所刺鍼すると肩の痛みが全て消失しました。

 

痛かった肩には直接施術せず、痛みが無くなったので患者様は痛い所を探すようにいろんな動きをして笑っていました。

 

一応、1週間経ってもその痛みが治まらなければ病院で検査を受けてもらうように伝えて終了しました。

 

内臓の調整で肩や腰・背中の痛みがラクになる事があります、そのような治療技術がよりUPし治療の幅が広がった今日この頃でした。

 

詳しくは治療例こちらをクリックして下さい。

 

予約優先制です。ネットを見たとお電話下さい。

TEL 072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4