★歩いていても足裏の踵(かかと)近くが痛い

●患者●

20代 男性

 

●来院日●

2018年 3月

 

●症状●

陸上競技で幅跳びをしていて、1ヵ月前から足裏の踵(かかと)近くが痛くなってきた。

 

整形外科に行って、骨には問題ないと診断を受け体操を教えてもらい、1ヶ月間毎日

していたが、パフォーマンスの時だけの痛みだったのに、最近、歩いていても痛みが

出るようになってきて、内側のくるぶしまで痛みが広がってきた。

 

1週間前から練習を休んで療養しているが、改善しないのでホームページを見て来院。

 

●治療内容と経過●

〈初診日〉

歩いてもらっても、立っていても痛みの場所・度合いは変わらない。

 

足裏の痛い箇所から、ふくらはぎの過緊張により痛みが起こっていると推測し

ふくらはぎに鍼をすると「痛みが半減した」との事。

ふくらはぎにもう1本鍼をすると、歩いても立っていても痛みは消失した。

 

その場でジャンプしてもらうと、痛みが10→2になっていたので施術を終了した。

 

〈2診目〉(4日後)

日常の痛みは無くなったが、軽く練習してみてジョギング時とジャンプ時に痛みが少し

出る程度になっていた。

 

前回と同じ施術と足の運動軸を安定するために、足のツボに鍼をするとジャンプしても

痛みが消失していたので、治療を終了した。

 

●使用した主なツボ●

陰陵泉L 地機L 大腰L

 

●まとめ●

足裏の痛みは足裏に原因がない事が少なくない。

 

1ヶ月間、寝る前に整形外科で教えてもらった体操と、ご自身でマッサージ・シップを

していたが改善しなかったのは、そこに原因がなかったからと考える。

 

光司堂で提供している「整動鍼」という鍼(はり)技術では、足裏の痛みによるツボの

細分化していますので、足裏に直接アプローチすることなく施術していきます。

足裏・踵の痛みについて詳しくはこちらをクリックして下さい

 

足裏・踵の痛みの治療例はこちらをクリックして下さい

 

予約優先制です、ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

★足裏の痛みについて解説

●あなたはこんな足裏の痛み・踵(かかと)の痛みで困っていませんか?

 ☑動きはじめが痛い。

歩いたり・走ると足の裏や踵(かかと)が痛くなってくる。

 ☑足が地面に着く瞬間や離れる瞬間が痛い。

 ☑ずっと立ちっぱなしだと痛くなってくる。

 ☑足の裏がしびれてくる感じがする

 ☑常に足の裏や指の付け根に違和感を感じる。

 ☑足の裏を押すと痛い場所がある。

●足裏の痛み・踵(かかと)痛って?

「足の裏・かかとが痛い」と病院に行くと、「足底筋膜炎」と診断される事がほとんどです。

その他に「モートン病」「痛風からの痛み」「糖尿病からの痛み」などがあり

中学生ぐらいまでですと「成長痛」と言わる、様々な症状があります。

 

病院では足の裏には筋膜があり、それが炎症を起こしていたり、硬くなって痛みがでている

と言われる事が多いのですが、炎症であったり・硬くなって痛みがでているのならば、シッ

プを貼って休んでおけば治るはずです。

 

では安静にしておいたら治るのかと言われると諸般の事情で安静に出来ない事が多いです

し、仮に仕事や競技を休んでも治る時と治らない時があり、原因が解決されない事にはすぐ

再発する厄介な症状です。

 

●足裏の痛み・踵(かかと)の痛みの主な治療法

・動いた後の局所のアイシング

・テーピング・固定・インソール(中敷き)

・超音波・低周波

・局所へのステロイド注射

・マッサージ

・安静

・湿布

以上が一般的な医療機関でおこなわれる治療です。

 

当院では局所的な治療は致しません。

身体の連動性を考えながら「動かしやすくする」ことを目的に、頚部や背中・肩甲骨に目を

向ける事で、これら炎症・症状がすみやかに改善していく結果を症例として積み重ねております。

 

●当院が考える足裏の痛み・踵(かかと)の痛みの原因

●頚部や背中・下腿の緊張
足底や踵に問題がある方は、ほぼ「ふくらはぎ」に過緊張があり
最も緊張している箇所を診つけて、そこに関係している部位に適切な刺激を刺鍼する事が多いです。

●身体の連動性の低下
足底痛・踵痛の原因は頚部~足首にかけての連動性の低下と考えます。

連動性の低下は背中の緊張、骨盤の動きの低下・股関節の無理なねじれが原因であり
痛い所は頑張っている所で原因点では無い事が多いです。足底が無理をしないとバランスを保てない原因が他にあると考えます。

 

●当院の治療方針

当院では足底痛・踵痛の箇所の細分化ができております。

痛い所が原因点ではない事が多い為、身体全体を診て原因点に適切な刺鍼を行います

頚部~足首を調整するツボを利用した鍼灸施術と、下腿に無理な負担が掛からない為に

連動性の回復を目指した手技をおこないます。

い足の裏や踵(かかと)に直接鍼をする事ではありませんので、ご安心ください。

足の裏や踵(かかと)の痛みの治療例はこちらをクリックして下さい

 

 

予約優先制です。ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

★足底痛・踵の痛みー症例2(マラソン後、足裏の外側が痛い)追加しました。

●患者●

20代  女性

●来院日●

2018年 2月

●症状●

3日前フルマラソンを完走した為か、足裏に体重がかかると足裏から足にかけて痛い。

以前にも同じような筋肉痛を経験しているが、いつも自己流のマッサージで改善できていたが

今回は痛みが少しも変化しないので、ホームページを見て来院。

 

●治療内容と経過●

〈初診時〉
動きを確認してみると、歩いて右足が着地した時に足裏の外側から外踝(外くるぶし)にかけて
痛みが走り、踵近くに顕著な圧痛、土踏まずにも硬さが確認できた。

膝のツボに鍼をすると、足裏の痛みが半減した。さらに、膝のツボにもう1本鍼をすることで
大幅に軽減。

ふくらはぎに鍼をして、土踏まず・踵近くの圧痛も軽減したので施術を終了した。

 

〈2診目〉(2日後)
足裏の痛みの位置が、足が着地してから踵を浮かせると小趾球に近い位置になっている。

前回と同じツボに鍼をして、さらに、ふくらはぎの2箇所に鍼をすると痛みが消失したので
施術を終了した。

詳しくはこちらをクリックして下さい(症例2 フルマラソン後、足裏の外側が痛い)

●使用した主なツボ●

玉陽R 捻挫玉R 地機R 飛陽R 下承山R

 

●まとめ●

何か月前からか練習などで走った後、左膝に痛みがでるようになり

自己流マッサージで改善出来ていたとの事で、無意識に左膝をかばった動きになり右足外側に負担がかかり、同時にふくらはぎの過緊張も引きおこす。

その蓄積が足裏等に影響し痛みが出現したと考える。

足裏の不調はふくらはぎで改善することが少なくないが、闇雲に自己流マッサージなどをしても改善しないは多い。

 

予約優先制です。ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4