★事故の後遺症で手首を曲げ伸ばしすると手首から腕にかけて痛い

●患者●

20代 男性

 

●来院日●

2018年 3月

 

●症状●

半年前にバイクで転倒し手をついて以来、腕が挙がらなくなった。

リハビリにより挙がるようになったが、手首の違和感は消えなかった。

 

3週間前にバレーボールをしていて、トスをしていると手首が痛くなってきた。

 

翌日から、床に手をついても手首を曲げ伸ばししても、手首から肘にかけて

痛みと張り感がつらくなり、1週間様子をみたが症状が変わらなかったので

整骨院に7回行き、電気治療とマッサージのような治療をした。

 

しかし、あまり改善していない状況、翌日にバレーボールの試合があり、少しでも症状軽減

できればと思いホームページを見て来院。

 

●治療内容と経過●

〈初診日〉

左手首を手掌側に倒すと、母指の付け根から肘にかけて痛みと強い張りが出現し

手甲側に倒すと、小指の付け根から肘にかけて痛みと強い張りが出現する。

 

バレーボールのトスの手をしてもらうと、左母指側の手首に痛みが出る。

 

手首の動作痛は肩甲骨の動きに問題があると判断し、肩甲骨のツボ2箇所に鍼を

すると手首の曲げ伸ばし時痛が大幅に軽減した。

 

母指の動きと関連する背中のツボに鍼をすると、トスの手をしても床に手をついて

も痛みが「10→2になった」との事なので施術を終了した。

 

〈2診目〉(3日後)

施術した日の夜、肩甲骨に少し痛みのような違和感が出たが、翌日の試合は全力

ではなかったがパフォーマンスはできた。

 

来院当日は、トスの手をして左母指側の手首に何となく痛みがある程度で、他の

痛み張りは消失していた。

 

前回と同じツボと母指の動きと関連する、もう1箇所の背中のツボに鍼をすると

どのように動かしてもらっても痛み張りが消失したので治療を終了した。

 

●使用した主なツボ●

ふくら③・⑤ T1(0.5)R T8(1)L

 

●まとめ●

通われていた整骨院で、手首と前腕に電気治療と肩から指先をマッサージのような治療を

7回しても改善されなかったのは、原因がそこにはなかったと思われます。

 

今回は肩甲骨と背骨の動きの連動性を調整することで、少ない鍼治療回数で改善できた。

 

事故以来の手首の違和感も消失していた事も、肩甲骨の動きの不具合が蓄積された結果が

手首の痛みの主な原因だったと考えます。

 

今後も、痛みの部位にこだわらず身体全体を観て原因を診つける精度を上げていきます。

 

詳しくはこちらをクリックして下さい。

 

予約優先制です、ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

★身体が重くて、特に頚部の後面がつらい

●患者

30代 男性

 

●来院日

2018年 3月

 

●症状

1ヶ月前ぐらいから身体が重だるくなってきて、特に頚部の後面がつらい。

マッサージにも何回か行ったが、その時はラクになるがすぐに戻ってしまう。

ホームページを見て来院。

 

詳しくはこちらをクリックして下さい 頚こりー症例11

 

●治療内容と経過

〈初診日〉

頚部から肩にかけて全体的に重だるいとの事だが、強い緊張が見当たらない。

 

臀部のツボに鍼をすると、重だるさが大幅に軽減した。

 

再び動きを検査してみると、頭を倒す時と振り向いた時に右頚部に強い張りが出る事がわ

かった。

 

対応する胸椎の調整のため、手にあるツボ2ヵ所に鍼をしたところ右頚部の強い張りが消失

し全体的な重だるさも10→1になったとのこと。

 

その後、重だるさに波はあったが4診目で「重だるさを感じなくなった。」との事で治療を

終了した。

 

●使用した主なツボ

外秩辺L 内谷R 後谿R 項強R

 

●まとめ

長い時間座っている事が多いとのことで、臀部の過緊張が主に身体の重だるさの原因になっ

ていたと考えた。

 

首や肩がつらいとしても、そこに原因が無い事が少なくない。

 

詳しくはこちらをクリックして下さい 頚こりー症例11

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

 

★物を拾おうと手を伸ばしたら、腰が伸びなくなった。

●患者

20代 女性

 

●来院日

2018年 3月

 

●症状

床に座っていた状態で、目の前の物を手を伸ばして取ろうしたら腰が痛くなった。

腰が伸ばせなくなり、歩くとヒビく。

ホームページを見て来院。

 

●治療内容と経過

〈初診日〉
手を伸ばした状態で痛めたことから、肩甲骨の動きの不具合が腰痛の原因と考えた。

肩甲骨の調整のため、肘のあるツボに鍼をすると歩いても腰にヒビかなくなった。

手のツボに鍼をすることで、腰が伸ばしやすくなり、足のツボで伸びるようになった。

〈2診目〉
長い時間座っていて、立ち上がると腰が伸びにくく痛みがでる。

関連する臀部のツボに鍼をすると消失した。

 

●使用した主なツボ

曲池R 威霊R 大腰R 大臀R

 

●まとめ

肩甲骨と仙骨の動きの連動性不調が主な原因だった。
痛む箇所に鍼をしていても、原因が改善されていないので回復が遅い。
症状が出た時の状況など、丁寧に聞くことで原因を考え、速やかに改善につなげている。

詳しくは腰痛・坐骨神経痛-症例10へ

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

★腱鞘炎について解説

こんな腱鞘炎の症状に悩んでいませんか?

☑腕の痛み、腕全体が腫れる

☑腕にしびれがでる

☑腕がだるい、腕を動かしたときだけ痛みが出る

☑うまく手を動かせない

☑痛みはないけど手首に腫れが見られる

☑動かすとだるく感じる

☑指や手首の使用中の不快感

☑瞬間的に痛みが走るが、次の瞬間痛みが消えていることがある

☑痛い箇所はあるものの具体的にどこが痛いのかわからない

☑腱鞘炎の治療で手術しかないと言われた

☑病院で注射や薬を処方されたが、改善しない

 

腱鞘炎とは

『パソコンや指先を多く使う方』
『仕事などで重たいものを抱える方』
『育児で子供さんを抱っこしたりする方』
『腕を酷使される方』など

腕・肘・手首や指を頻繁に使うことで腱と腱鞘の部分で摩擦が生じ

炎症が起きてしまったものが腱鞘炎です。

 

では安静にしておいたら治るのでしょうか?

 

様々な事情で安静に出来ない事が多いですし、仮に仕事や競技を休んでも治る時と治らない

時があり 、原因が解決されない事にはすぐ再発する症状です。

 

腱鞘炎の主な治療法

・消炎鎮痛剤、痛み止めの服用
・患部を冷やす・湿布を貼る
・テーピング・固定・サポーター
・局所へのステロイド注射、神経ブロック注射
・マッサージやストレッチ
・安静
・電気・超音波・レーザー治療
・手術

これらが一般的な病院、治療院でおこなわれる治療です。

以上のような局所的治療が多い中、当院では以下の考え方から施術をおこなっています。

 

当院が考える腱鞘炎の原因と治療法

①背中や肩甲骨・肩関節の緊張
②首・肩~手首にかけての連動性の低下

手を酷使している方は、背中や肩甲骨・肩関節の緊張から首・肩~手首にかけての連動性が

低下している事が非常に多いです。

 

当院では発痛点が原因点ではないと考え、その連動性を回復させるためのツボに施術してい

きますほぼ痛い局所に、はりをすることはありませんので安心して下さい。

腱鞘炎の治療例はこちらをクリックして下さい

 

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

★肩こりについて解説

●肩こりってどんな状態?

肩こりは、簡単に言えば「筋肉が緊張している状態」です。
つまり、筋肉が常に縮んで硬くなっている状態の事です。

肩こりといっても、頚や背中、肩甲骨、肩関節にかけての筋肉が関係してくるため広範囲に
わたってコリを感じることがあります。

●肩こりの主な原因?

ずばり、頭の位置です!!

通常、頭頂部から 耳・肩・腰椎・骨盤・膝・くるぶし が1本の線で真っ直ぐ通ったライ

ンが、理想的な姿勢と言われています。

頭の位置が身体の中心ラインよりズレていると、重い頭を支える為に首肩の筋肉が緊張する

ことによって支えてバランスを保っているんです。

 

これが長時間、続けば続くほど筋肉が硬くなっていき「肩こった~」になります。

 

だからといって、首肩の筋肉を直接マッサージなどで施術しても、その時は「ラクになっ

た」と感じてもまた元に戻るのは、本当の原因が他にあり、そこを施術しないと根本治療に

はなりません。

 

当院では、日常の動きや姿勢から本当の原因を推測し、全身を診ていきます。

 

肩こりに伴う様々な症状

○頭痛
○突発性難聴・耳鳴り
○めまい
○目の疲れ(まぶたがピクピクする他)
○不眠症
○腱鞘炎
○シビレ

 

当院の治療

 

肩こりの主な原因は、頭の位置と申し上げましたが

強引に頭の位置を戻せば良い訳ではなくその人なりの頭の良い位置に必然的に戻るような

身体にしていく事を目的にしています。

 

なぜなら、肩こりが起きる姿勢や動作によって身体の筋肉に熱が発生し、その熱が気球の原

理つまり、「熱い空気は冷たい空気よりも軽い」という原理のもと、下で作られた熱は上に

あがっていき膨張しようする、しかし、頭は膨らまないので内圧が熱と共にあがっていき

しかも硬くなった筋肉はポンプ作用を失い、血流が悪くなり酸素も脳に行きずらくなり酸欠

になりダブルで頭がボーッとなり頭痛にもなりやすい要因になる。

 

もう1つ見過ごしてはいけないのは、呼吸です。

 

肩こりに限った事ではないが、何かしら身体に不調がある方は、呼吸を止めている事が多く

それ故に、身体の内圧が高まり内蔵機能・筋肉・関節が動きつらくなっていき、良く聞く

自律神経を狂わせていく事になってしまいます。

 

《肩こりの問題を根本から解決していくため》

●こりや痛みの原因となる手・肘・足・膝・腰・背中のツボにアプローチし肩甲骨の動き
 と全身のバランスの調整。

●内蔵機能を調整するツボで対応する。

●呼吸を養成していく。

一緒に解決していきましょう。

頚頚腕症候群・肩こり・寝違えの症例はこちら

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TLE072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

★症例1:月2回ほど後頭部からこめかみにかけて痛くなる頭痛

●患者●

30代 女性

●来院日●

2017年 3月

●症状●

高校生ぐらいの時から頭痛があり、病院で検査してもらった事もあったが異常はなく

薬で症状を抑えている状態だった、段々、薬が効きにくくなってきていた。

2ヶ月ぐらい前から薬が全く効かなくなったので、家の近所の当院に来院。

 

●治療内容と経過●

〈初診日〉

後頚部から肩にかけて、著しい硬結が3か所確認できた。

腰部の後頚部の硬結部に、対応するツボに鍼をし て、さらに、肘と臀部の肩にかけての硬結部に対応するツボに鍼すると、著しい硬結がかなり軽減し た。

患者さん自身にも触って確認してもらい、この日は終了した。

 

2診目(3日後)

後頚部から肩にかけての重だるさが、かなり軽減され頭痛も半分ぐらいになっている。

お腹の反応を触診しててみると、下腹部に反応があり、生理の近い日に頭痛が起きる事が多くない か 確認すると、生理が近いと頭痛になりやすい事がわかった。

前回と同じツボに加え、子宮環境を整える為、足のツボに鍼にも鍼をした。

下腹部の反応と肩の硬結部がさらに緩んだ事を、患者さんにも確認してもらい終了。

〈6診目〉

後頚部から肩にかけての硬結と頭痛がなくなり、以降は経過をみている。

 

●使用した主なツボ●

空髎L 曲池L 外秩辺L 三陰交L

 

●まとめ●

子宮環境を整える事によって、頭痛が消失することは珍しくない。

 

頭痛の痛みを取る事を重視するより、後頚部から肩にかけての辛さは、肩甲骨の動きの悪さ

により 発生していることが多く、肩甲骨の動くを調整することで、頭痛がラクになることを

もっと知って もらいたいです。

詳しくはこちらをクリックして下さい。

 

予約優先制です。ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4