★症例1:月2回ほど後頭部からこめかみにかけて痛くなる頭痛

●患者●

30代 女性

●来院日●

2017年 3月

●症状●

高校生ぐらいの時から頭痛があり、病院で検査してもらった事もあったが異常はなく

薬で症状を抑えている状態だった、段々、薬が効きにくくなってきていた。

2ヶ月ぐらい前から薬が全く効かなくなったので、家の近所の当院に来院。

 

●治療内容と経過●

〈初診日〉

後頚部から肩にかけて、著しい硬結が3か所確認できた。

腰部の後頚部の硬結部に、対応するツボに鍼をし て、さらに、肘と臀部の肩にかけての硬結部に対応するツボに鍼すると、著しい硬結がかなり軽減し た。

患者さん自身にも触って確認してもらい、この日は終了した。

 

2診目(3日後)

後頚部から肩にかけての重だるさが、かなり軽減され頭痛も半分ぐらいになっている。

お腹の反応を触診しててみると、下腹部に反応があり、生理の近い日に頭痛が起きる事が多くない か 確認すると、生理が近いと頭痛になりやすい事がわかった。

前回と同じツボに加え、子宮環境を整える為、足のツボに鍼にも鍼をした。

下腹部の反応と肩の硬結部がさらに緩んだ事を、患者さんにも確認してもらい終了。

〈6診目〉

後頚部から肩にかけての硬結と頭痛がなくなり、以降は経過をみている。

 

●使用した主なツボ●

空髎L 曲池L 外秩辺L 三陰交L

 

●まとめ●

子宮環境を整える事によって、頭痛が消失することは珍しくない。

 

頭痛の痛みを取る事を重視するより、後頚部から肩にかけての辛さは、肩甲骨の動きの悪さ

により 発生していることが多く、肩甲骨の動くを調整することで、頭痛がラクになることを

もっと知って もらいたいです。

詳しくはこちらをクリックして下さい。

 

予約優先制です。ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4