★股関節痛ー症例4(中腰姿勢での作業しているとキューッと痛くなってくる)

●患者●

50代 男性

●来院日●

2018年 2月

●症状●

仕事の業務で中腰になって作業をする事があるのだが

1週間前からその作業をすると鼡径部の奧と臀部の下の辺りから大腿の内側部にかけて痛みが出現する。

ホームページを見て来院。

詳しくはこちらをクリックして下さい。

 

●治療内容と経過●

〈初診時〉

動きを確認してみると、中腰姿勢で歩き回ると痛みが出現する。

動きからの発痛部に関連する腰のツボに鍼をして、再確認してもらうと臀部の痛みが半減。

次に、膝のツボに鍼をすると僅かに臀部の奧に違和感を感じる程度になった。

 

「そう言えば、重い荷物を踏ん張って押していると股関節の奧が痛かった」と思い出されたので、再現してもらうため同じ姿勢で壁を押してもらうと股関節の奧の発痛部と僅かに臀部の奧に感じる違和感の場所が一致していることが解った。

 

腸腰筋に問題があると考え、関連する足のツボに鍼をすると股関節の表面に痛みを感じるようになった、もう1本足のツボに鍼をして大幅に軽減したので施術を終了した。

 

〈2診目〉(1週間後)

中腰姿勢での歩き回り時での痛みだけが残り「10→2」とのことなので、腰と膝のツボに鍼をすることで消失したので終了。

 

●使用した主なツボ●

腰眼L 陰谷L 中腰L 太衝L

 

●まとめ●

鼡径部の奧の痛みと臀部の下の痛みの発痛部は主に大腿後面のハムストリングスと考える。

中腰姿勢での下肢の過緊張が蓄積され体幹との連動性を不具合にすることがある、そのため腸腰筋の負担が股関節の痛みを増した症状になった。

今回は足の指間や膝の動きを調整することで早期改善できた症例である。

 

予約優先制です。ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4