★歩いていても足裏の踵(かかと)近くが痛い

●患者●

20代 男性

 

●来院日●

2018年 3月

 

●症状●

陸上競技で幅跳びをしていて、1ヵ月前から足裏の踵(かかと)近くが痛くなってきた。

 

整形外科に行って、骨には問題ないと診断を受け体操を教えてもらい、1ヶ月間毎日

していたが、パフォーマンスの時だけの痛みだったのに、最近、歩いていても痛みが

出るようになってきて、内側のくるぶしまで痛みが広がってきた。

 

1週間前から練習を休んで療養しているが、改善しないのでホームページを見て来院。

 

●治療内容と経過●

〈初診日〉

歩いてもらっても、立っていても痛みの場所・度合いは変わらない。

 

足裏の痛い箇所から、ふくらはぎの過緊張により痛みが起こっていると推測し

ふくらはぎに鍼をすると「痛みが半減した」との事。

ふくらはぎにもう1本鍼をすると、歩いても立っていても痛みは消失した。

 

その場でジャンプしてもらうと、痛みが10→2になっていたので施術を終了した。

 

〈2診目〉(4日後)

日常の痛みは無くなったが、軽く練習してみてジョギング時とジャンプ時に痛みが少し

出る程度になっていた。

 

前回と同じ施術と足の運動軸を安定するために、足のツボに鍼をするとジャンプしても

痛みが消失していたので、治療を終了した。

 

●使用した主なツボ●

陰陵泉L 地機L 大腰L

 

●まとめ●

足裏の痛みは足裏に原因がない事が少なくない。

 

1ヶ月間、寝る前に整形外科で教えてもらった体操と、ご自身でマッサージ・シップを

していたが改善しなかったのは、そこに原因がなかったからと考える。

 

光司堂で提供している「整動鍼」という鍼(はり)技術では、足裏の痛みによるツボの

細分化していますので、足裏に直接アプローチすることなく施術していきます。

足裏・踵の痛みについて詳しくはこちらをクリックして下さい

 

足裏・踵の痛みの治療例はこちらをクリックして下さい

 

予約優先制です、ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です