★物を拾おうと手を伸ばしたら、腰が伸びなくなった。

●患者

20代 女性

 

●来院日

2018年 3月

 

●症状

床に座っていた状態で、目の前の物を手を伸ばして取ろうしたら腰が痛くなった。

腰が伸ばせなくなり、歩くとヒビく。

ホームページを見て来院。

 

●治療内容と経過

〈初診日〉
手を伸ばした状態で痛めたことから、肩甲骨の動きの不具合が腰痛の原因と考えた。

肩甲骨の調整のため、肘のあるツボに鍼をすると歩いても腰にヒビかなくなった。

手のツボに鍼をすることで、腰が伸ばしやすくなり、足のツボで伸びるようになった。

〈2診目〉
長い時間座っていて、立ち上がると腰が伸びにくく痛みがでる。

関連する臀部のツボに鍼をすると消失した。

 

●使用した主なツボ

曲池R 威霊R 大腰R 大臀R

 

●まとめ

肩甲骨と仙骨の動きの連動性不調が主な原因だった。
痛む箇所に鍼をしていても、原因が改善されていないので回復が遅い。
症状が出た時の状況など、丁寧に聞くことで原因を考え、速やかに改善につなげている。

詳しくは腰痛・坐骨神経痛-症例10へ

 

予約優先制です。 ネットを見たとお電話下さい。

TEL072-669-9948

不定休 日・祝も開院 9:00~22:00

〒569-0071 高槻市城北町1-9-4

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です