頭痛について

頭痛でお悩み、ついつい薬を服用してしまう・・・副作用も気になる・・・方へ

頭痛の中で一般的に、はり治療の適応となるのは
         偏頭痛(片頭痛)・群発性頭痛・緊張型頭痛です。

頭痛の症状

●片方のこめかみが痛い(両方のこめかみが痛い)
●頭が締め付けられるように痛い
●目の奧が痛くなる、重くなる
●頭が重くなる
●ズキンズキンと脈打つように痛い
●頭の中が重苦しい
●後頭部からうなじにかけて痛い、重い
●生理周期に伴って痛くなる
●吐き気や嘔吐を伴う
●眉間・まゆげが痛い
耳の後ろが痛い
●顔がモヤモヤする


頭が痛いと、何をするにも集中できず、手をつけられなくなるほど我慢できません。
症状がひどいと不安にもなります。
その場だけでも何とか痛みを取り除きたいと、薬に頼って一時的に痛みを和らげてしまいます。
そしてまた症状が現れると繰り返してしまう、そんな経験をしていませんか?


病院で処方された薬を飲んでも改善しない痛み、指圧や整体、マッサージなどを続けても、なかなか
改善しない方は、原因までたどり着いていない可能性があります。
病院では、ツラい部分に対しての検査が主になり、症状を生み出している身体の癖を見逃されてしまい
ます。


当院では、全身の中から原因を探し、効果のあるツボを使い問題を解決します。
これ以上、薬を増やしたくない、薬を飲み続けたくないといった場合にも、副作用のない当院の鍼治療
はお役に立てるはずです。

頭痛の原因

頭痛を大きく分けると「一時的に起こる頭痛」「慢性頭痛」「脳の病気に関わる頭痛」があります

そのうち「慢性頭痛」は、頭痛全体の80%を占めています。
中でも「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発性頭痛」が、はり治療に最も適しています。

群発性頭痛は慢性頭痛の約1%しかないため、ほとんどの頭痛が片頭痛か緊張型頭痛になります。

片頭痛と緊張型頭痛に共通して言えるのは、頚こり・肩こりが原因であるということです。なぜ痛みの感
じ方が違うのかというと、それは、頚・肩のこる場所が違うからです。

頭痛と肩こり

頭痛の原因に欠かせないのは実は肩こりです。

頭痛を治すには、肩のこっているところをほぐせばいいの?と思うかもしれませんが、肩のこって
いる場所によっても、それぞれの原因があります。 電気を当ててもらったりマッサージを受けても
肩こりがいつまでも残るのは、肩こりの原因に対する施術がされていない為です。
どんなに上手にほぐしても、原因が残っている限りすぐに元に戻ってしまいます。

頭痛を根本的に治すためには、頭痛の原因となっている肩こりを見付け、さらにその肩こりの原因
となっている場所を見付けなければなりません。

頭痛は、精神的、あるいは身体的ストレスによって、肩・頸・頭の周りの筋肉が収縮して凝り固ま
るのが原因とされています。頭の筋肉の緊張は頸・肩のコリと密接な関係があるので、頸・肩のコ
リさえ良くすば頭痛のほとんどが治るといえます

また、自覚症状のない肩こりは、ひどい頭痛を引き起こしていることが多いです。

原因となっている肩こりは、筋骨格からの問題が潜んでいます。そこに内臓の調子まで絡んでいる
ので総合的な視点がなければ、根本的な解決は難しくなります。

慢性頭痛の治療には、高い専門知識と技術が必要となります。


薬物乱用頭痛

来院される方の多くは、薬を使用しています。中には、薬剤の使用過多による頭痛
薬物乱用頭痛」の方も少なくありません。

 ○朝、目覚めてから頭痛がする。

 〇月の半分以上は頭痛がある。

 〇月に10日以上は薬を服用している。

 ○薬の効き目が以前より効かなくなった。

 ○1回の薬の量が増えている。

 ○痛みの場所や性質がその時によって変わる。

上記に当てはまる方は、「薬物乱用頭痛」の可能性があります。

薬剤を使い続けたくない方は、頭痛の根本原因を解決してください。


当院の治療方法

頭痛の原因となっている頚こり・肩こりを取り除くように鍼をおこなっていきます。

 ①首・肩・背中のコリを詳しく診る。

 ② 頭痛に対応する手・足・背中のツボを使用する。 

 ③薬と違って副作用がない。 

 ④内臓機能(胃腸・子宮など)を調整するツボで対応する。

 ⑤鍼の数が少ない。

 ⑥頭に鍼を刺さない。

頭痛の根治の近道は、肩こりを軽視できない要因がたくさんありますので、コリに対してしっかりとした見極めが大切になります。

頭や肩に鍼をするわけではなく、原因となっている場所を全身から探し、主に手・足・背中のツボを使って問題を改善していきます。

鍼をする数は3~7本で、一般的な鍼灸治療よりも数が少なく、体への負担が少ないのが特長です

根本的に治る方法を探している、もう治らないと思っている、薬に頼りたくないなど、頭痛の悩み
をお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。