膝痛

症例8:膝痛(しゃがんでから立ち上がり時に膝全体に痛みがでる)

患者

30代 男性

来院日

2018年 1月

症状

以前からフットサルをした後、左膝に痛みが出ていて数日したら消失していたので、あまり
気にしていなかったが、数日前からしゃがんだ姿勢から立ち上がる時に痛みが出るようになっ
た。中々痛みが治まらないので、ホームページを見て来院。

治療内容と経過

〈1診目〉
動作を確認すると、しゃがんでから立ち上がる時以外で痛みが出る事は無かった。

まず、膝の軸を調整することを目的に関係する臀部のツボに鍼をすると、大幅に軽減した。
腰のツボにもう1本鍼をすることで「痛みが膝裏の奧に変わった」との事
関連する腰のツボに鍼をして軽減、大腿の前面の張りが気になったので背中のツボに鍼をし
動作痛が消失したので施術を終了した。

〈2診目〉(1週間後)
しゃがんでから立ち上がる際に痛みは消失しているが、少し動きツラさある。

臀部のツボに鍼をして軸を調整し、足のツボにも鍼をすることで動きツラさが消失したので
施術を終了。

1週間後に連絡を頂き、「再発していない」との事なので治療を終了した。

使用した主なツボ

膝根L 腰眼L L3(2)L T11(1.5) 大腰L

まとめ

股関節~膝~足首にかけて、その人なりの軸があり、その軸の調整することで不調を改善に
導く事が少なくない

症例7:膝痛(しゃがむ動作とあぐらで足を拡げると膝裏からふくらはぎが痛い)

患者

30代 男性

来院日

2018年 1月

症状

仕事上しゃがむ動作が多いのだが、昨日、仕事の最中に左膝に激痛が走った。
その後からしゃがむ事ができなくなり、あぐらでも膝裏からふくらはぎにかけて痛みがでる

以前、腰痛で来院して下さり再来院。

治療内容と経過

〈1診目〉
動作を確認すると、90度以上しゃがむと膝裏からふくらはぎにかけて物が挟まっている感
じで痛みがでる、あぐらをかいて股関節を外旋していくと同じ痛みがでてくる。

膝を曲げやすくする為に臀部のツボに鍼をすると、痛みと物が挟まっている感じが半減した。
腰のツボにもう1本鍼をすることで、より軽減した。

あぐらをかいてもらうと、ほぼ痛み・挟まっている感じなくできるようになったが、何となく違和感が残っている。
残り2割程度、痛み・違和感があるが、施術刺激が大きすぎると効果が薄れることが多い為
1診目は終了。

〈2診目〉(2日後)
前回までの痛み・挟まっている感じは大幅に軽減しているが、しゃがんだ時に踵を浮かせる
と痛みが増し、挟まっている感じが膝裏の外側に感じるし、両膝下にも曲げにくさが少し出て
きた。

前回と同じ施術と股関節に関係する足の甲のツボに鍼すると、しゃがんだ時に踵を浮かせても
痛みは消失したが、挟まっている感じは残っていた。
背中に膝に関係する箇所があり圧痛があったので、その箇所に関係するツボに鍼をすると消失
どのようにしゃがんでも、あぐらをかいても苦ではなくなったので治療は終了。

使用した主なツボ

膝根L L3(2) 中腰L 光明L 承山L

まとめ

今回の膝の症例は股関節と臀部・胸椎が大きく関係していた。
膝の動きは臀部と背中に連携している
そこから膝の動きの軸を整え、股関節を調整することで早く改善することができた。

症例6:階段の昇降時に左膝が痛い

患者

20代 女性

来院日

2017年 5月

症状

3日前に友達とはしゃいだせいか、急に左膝が痛くなった。
普段の歩行は痛みは出ないが、階段の昇降時に膝全体に痛みが出る。
整形外科に行って、レントゲンでは骨には異常はない、電気などをしてもらったが
症状が変わらないので、友達の紹介で当院に来院。

治療内容と経過

 動作を確認してみると、膝を曲げて体重が乗ると痛みが出やすくなる事がわかった。
膝に関連する臀部にツボに鍼をすると、階段の昇降時の痛みが大幅に緩和され、曲げ伸ばしも
スムーズになった。
 膝全体が大幅に改善されると、膝の外側の痛みが目立ってきたので、関連する背中と足の甲に鍼を
すると、さらに緩和した。

 2診目(4日目)
 大幅に改善しているが、階段の昇降時に大腿部の外側から膝外側にかけて、張り感がでてきた。前回と同様の施術をして、関連する腰のツボに鍼を追加ました。

階段の昇降時の痛みは消失し、右膝・左膝が同じスムーズに動けるようになったので終了した

使用した主なツボ

膝根L T10(1)L 大腰(L) L5(2)

まとめ

膝の動きの軸を整える事で動きがスムーズになる、そのために臀部と胸椎が大事に
なってくる。今回も痛むところだけに着目せず、身体全体の動きの連動を整える事で
少ない刺激と回数で改善することができた。

症例5:膝を曲げたり、階段を下りる時に痛みが出る

患者

30代 女性

来院日

2017年 4月

症状






















1ヶ月前ぐらいから歩いている時に、何となく左膝に違和感が出てきて、いずれ無くなるかな?
と思っていたら、違和感が痛みに変わり右膝も痛くなってきて、階段を降りるのが1番ツラい
治療院が家から近い事もあり来院。

治療内容と経過

膝を曲げる動作と段差から降りる際に、膝に体重がかかると痛みが出ることがわかった。
膝を触れてみても、熱や圧痛は無い。臀部に反応があったので、そこに鍼をすると膝を曲げる動作が
少し楽になった、腰に鍼をすると膝を曲げても、段差で体重をかけても痛みが消失したため終了。
3日後に2診目、ほぼ痛みは無く膝を曲げきった時に、膝の奧に違和感がでる。
前回と同じ施術を行い、安定さす為に背中に鍼をして終了とした
1週間経って違和感などあれば、また連絡頂くということだったが、ご丁寧に問題ないと連絡を頂き
ました。

使用した主なツボ

膝根L 志室L T9(1)L

まとめ

痛みを取る事より、膝の軸が安定するように施術をしたことが、結果1ヶ月前からあった膝の違和感
や痛みが消失した。痛みがある所が原因ではない事がよく分かった症例でした。

症例4:半年前から、正座ができない

患者

70代 男性

来院日

2017年 3月

症状














半年前から正座をしようとすると、右膝に何か引っ掛かっているような感じで、曲げきると膝下に
痛みが出てきて、1ヶ月前ぐらいから膝の外側にも痛みが出てきた。
歩いていても違和感さえなく生活に支障は無かった為、ほっといたが最近、あぐらをかくと
痛みが出てきて疼く、奥さんに紹介され来院。

治療内容と経過

触診にて膝には圧痛が見当たらない。膝の動きの中心である臀部のツボに、反応があったので鍼をした
正座をしてもらうと、膝下の痛みが軽減していた。膝の外側の動きに関係する胸椎のツボに鍼をすると
膝が曲げやすくなり、正座時の痛みもさらに軽減した為、1診目を終了した。
2診目(3日後)、痛みが消失し問題なく正座ができている、1診目と同じ施術をして、1週間様子を
見てもらい、違和感・痛みが出なければ再び連絡を頂くよう伝えた。
1週間後も問題ないとお電話頂きましたので、施術を終了とした。

使用した主なツボ

膝根R T10(1)R

まとめ

半年間も痛みがあり、それを少ない刺激と通院回数で良くなったので、こんなにすぐに痛みが取れるなら
もっと早く来ればよかったと言って頂けた。
今後とも、できる限り少ない刺激と通院回数で良い方向に迎えるように努力していきたい。

症例3:朝起きたら膝が曲がらず、少しでも動かすと激痛が走る

患者

60代 女性

来院日

2017年 3月

症状

2週間前ぐらいに朝起きると、思い当たる原因もないのに左膝を少しでも動かすと激痛が走る
その日に、整形外科に行きレントゲン、血液検査をしてもらったが血液的には問題なく
レントゲンで内側半月板が薄くなり、それが原因で痛みが出ていると言われた。
ほぼ毎日、整形外科で教えてもらった膝の運動と電器治療&マッサージの施術を受けるが、痛みが
変わらない為、息子さんの紹介で来院

治療内容と経過

来院時はほぼ膝が曲がらず、松葉杖を突きながら足を引きずるように息子さんに車で来院された。
熱感は感じられず左膝をかばっている為、右臀部から右大腿後面にかけて張りがあり
左腰部から左大腿後面も張りがあり、圧痛がある
まず全体的な膝の痛みに関係する臀部のツボに、鍼をすると左膝の可動域が広がり痛みも少し軽減した。
大腿後面に鍼をすると、さらに痛みが軽減。臀部に関係する腰のツボに鍼をすると左足に体重
を乗せた時の痛みが半分以下になった。2回目、3回目と3日おきに施術していき、4回目にはほぼ
痛みなく生活に支障がない程度まで回復し、正座をすると曲げきる時に違和感がでる程度
御本人が後は自力で運動して様子を観るとの事で終了。

使用した主なツボ

膝根L 殷門L 腰海RL

まとめ

病院で半月板損傷だから痛みが出ていると言われていたが、腰や臀部をしっかり施術すること
で膝の動きをつくるり、痛みが徐々にとれ早期回復になったと思われる
来院時は痛みのせいか悲愴な顔をされていたが、施術するたびに笑顔が出てきたことがなにより
嬉しかったです。

症例2:ランニング始めてから、膝外側が痛む

患者

40代 男性

来院日

2017年 3月

症状














2週間前からランニングを始め、1週間前から走っていると膝の外側が少しずつ痛みが出はじめ
いずれ治ると思っていたが、段々痛みが走るたびに増していき、3日前から常に疼きはじめ
階段の昇降時が特に激痛で奥様の紹介で来院。

治療内容と経過

踏み台を昇降してもらうと、やはり左膝外側と下腿外側にかけて痛みがでる。
膝の動きの中心となっている臀部のツボに反応があったので、鍼をすると踏み台昇降時の痛みが
半分以下になった。痛みの場所が少し前寄りになり、痛みの場所から膝裏に鍼をすると膝の痛みが
どのように動いても1/10ぐらいになったので、胸椎からの影響も考えられるので1ヵ所、鍼で調整
をして、3日経ってもまだ痛みがあるようなら連絡を頂くということで、治療を終了した。

使用した主なツボ

膝根L 眼裏(外)L T10(1)L

まとめ

膝の痛みは臀部と胸椎の関わりが多い、今回は典型的な例であった。
今後も痛みの場所に捉われず、身体全体を観て原因を追求していきたい。

症例1:階段の昇降時に膝が痛い

患者 

30代 女性

来院日

2016年 12月

症状

2週間前ぐらいから、階段の昇降時に膝のお皿下外側が痛くなり、日に日に痛みが増し今では何も
していなくても疼いている感じがする、朝目が覚めて膝を伸ばそうとすると激痛が走り、動かして
いると少しマシになる。

治療内容と経過

治療院の踏み台を階段と見立てて昇降動作をしてもらうと、左足からの昇りが特に痛みが出る事が解っ
た。仕事上、立ったり座ったりが多く、何かのキッカケで膝の軸がブレ、それが負担になり痛みが出た
と考えた。原因と思われる臀部のツボに鍼をしたところ、昇降時の痛みがマシになり、痛みのポイントがより鮮明になった。続いて、背中と大腿後面のツボに鍼をすると、ほとんど痛みが消失したので終了

1週間後、朝起きて膝を伸ばす時の痛みも階段昇降時の痛みも10➡2(痛みスケール)ぐらいになっていたので、前回と同じ施術+背中のツボに鍼をすると全ての痛みが消失。

1週間経って、まだ違和感があれば連絡頂けるよう約束をし終了とした。

使用した主なツボ・活法

膝根L  T10(1.5)L 眼裏外 T12(1.5)L 

まとめ

膝の痛みがある場所を直接施術しても、痛みが取れる事が少なくは無いが、根本的な原因は臀部や背中
にあることが多い、根本原因を改善しないとまた再び膝痛になりやすく、施術回数も多くなりやすい
ので、これからも根本原因を早く見つけるよう努めて行きたい