肘痛・肘内障

●症例2:肘の重ダルさ(+痛み)

患者

30代 女性

来院日

2016年 12月

症状

半年ぐらい前に急に右肘が痛くなり、整骨院で治療し痛さはかなりラクになったが、ダルさに
変わり中々そのダルさが取れない、この2・3ヶ月前から肩甲骨外側も気になる。














治療の内容と経過

両腕をバンザイしてもらうと、右腕が挙げにくいことがわかった。右腕の挙げる動きと関係が深い足に
鍼をすると腕の挙がりが良くなり、腕のダルさも半分に軽減した。腕の不調は肩甲骨の動きの悪さから
と推測し肩甲骨外縁に鍼をすると肘の痛みが軽減し、最後に胸椎の動きをよくするために鍼をすると
肩甲骨から腕の不調全てが消失した。

使用した主なツボ・活法

殷門R ふくらR T7(1)

まとめ

腕の動きと足の関係と、肩甲骨の動きと胸椎の関係を改善する事で中々取れなかった腕の不調が改善
された、原因が足と胸椎にあったと思われる。体全体の特徴をしっかり観察し、症状に合った的確なツボ選びをできた事が早期回復に繋がった。

●症例1:ゴロゴロしていると突然、手首押さえて泣き出した

患者

2歳 女の子

来院日

2016年 4月

症状

家でゴロゴロしていると、突然泣き出し「どうしたの?」と聞くと左手首を押さえて「ここ痛い」と言う、しかも、左手の手首がダラーンとしていて力が入っていない様子
以前にも同じように手首が痛いと言っていた時があり、その時はしばらく様子を見ていたら痛いと言わなくなり、普段通り遊びだしたので病院には行かなかったが今回は様子を見ているがいつまでも左手首を押さえて動かそうとしないので来院
お母さんの目の前でゴロゴロしていて、特に転んだとかぶつけたなどはなく思い当たる事は全くない

治療の内容と経過

バンザイしてもらうと腕は挙がるが左肘を伸ばそうとしないので肩は問題なさそう、触診すると痛がっている手首にも問題なさそうだったので、肘を治療してまだ手首が痛かったらまた考えようと思い、肘を整復してみたところ手首の痛みも取れたみたいで元気に「ママ抱っこ~」と笑顔になったので治療を終了した。

まとめ

大体の場合 肘の脱臼は手を引っ張ったりした時になりやすく今回のケースのようにゴロゴロしていて
しかも、手首が痛いと言うケースは私の経験上初めてで良い経験でした。