突発性難聴・耳鳴りについて

こんな突発性難聴・耳鳴りの症状で悩んでいませんか?

●点滴(ステロイド)の治療を受けたが効果を感じられず、薬を飲んでいるがなかなか改善
 しない。

●長年、耳鳴りが止まず毎日不安で頭を抱えている。

●「シャー」「ジー」「キンキン」「キーン」といった高低音の強い耳鳴りがやまない。

●人の声が二重に聞こえ、電話の声も遅れて聞こえるようになる。

●耳閉感(耳の奥がつまっている感じ)。

●気圧の変化で耳のつまりが強くなる。

●頭の上あたりで音が鳴っている。

●聴力は回復したが耳鳴りが治まらない。

●大きい音を聞くと耳鳴りが強くなる。

●めまいを伴う。

突発性難聴はどのような病気?

ある日突然、耳の聴こえが悪くなる病気で
毎年3~4万人も発症しており、若年層にも多く、誰にでも起こりうる病気です。

難聴には「伝音性難聴」と「感音性難聴」があり、突発性難聴は「感音性難聴」に分類されます。

突発性難聴は内耳の機能低下によって起こります。内耳には平衡感覚を司る、三半規管があるため
めまいなどさまざまな症状で悩まれる方が多いです。

突発性難聴には、「低音型難聴」「中音型難聴」「高音型難聴」に分類される事もありますが、
全ての周波数で聴力が落ちている人も少なくありません。

突発性難聴と耳鳴りの原因

一般的な原因は、ストレス・ウィルス感染・血流障害(内耳循環障害)と言われていますが、医学的には未だ
明確には分かっていません。

現在、治療法が定まっていないのは、はっきりとした原因が解明されてないからです。

「突発性難聴」は、医師が難聴と考えられる原因を調べても分からない場合に診断されます。

原因はいまだ特定されてませんが、内耳への血流の低下が起きていることは間違いありません。
細胞への血流不足が機能低下を招くことで、聞こえなくなるのです
突発性難聴を発症すると、ほとんどの場合で耳鳴りも併発します。
この耳鳴りの原因は、脳との関連性があります。

脳は急に聴力が落ちると、補おうとして耳のボリュームを目一杯上げます。そのため、聞こえてる周波数
の音が不必要に大きくなり耳鳴りになることが多いです。
ちょうど、カラオケのマイクのボリュームを目一杯上げると「キーン」と鳴るのと同じです。

このような働きで耳鳴りが発生することから、聴力がある程度回復することで脳は通常の働きに戻り、耳鳴
りも消失するということになります。

病院での治療

発症から治療は、早ければ早い程治る可能性が高いと言われています。一般的に2週間〜4週間がタイムリ
ミットと言われています。

聴力の低下が著しい人(高度・重度)は入院を薦められ、そうでない人(中度・軽度)は通院でステロイド
の点滴や服薬から開始します。
同時に、ビタミン剤や血行を良くする薬が処方されます。

●ステロイド治療(入院・点滴・服薬)
●メチコバール(ビタミンB12)
●アデホスコーワ(血行改善薬)
●イソバイド(利尿剤)
●星状神経節ブロック注射
●高気圧酸素療法

病院で行われる治療はパターンが決まっており、どの患者様にも同じ治療を行います。

改善がある人(変化がある人)は3割と言われています。
完治した人はもっと少ないと思います。病院を信じ治療に専念しても、残念ながら完治しない人が7割以上
いらっしゃるというのが現状です。

この病気はタイムリミットがある中で、可能性を求めて行き着いたのが鍼治療という方も少なくありません

このホームページを見て頂いているあなたも、突発性難聴の症状、後遺症に悩んでいる事と思います。

光司堂での治療

突発性難聴・耳鳴りは、耳周辺(特に内耳)の血流の極端な悪化と考えます。

耳周辺の細胞や組織に必要な酸素や栄養が十分に行き届かないと、全体もしくは一部の仮死状態に陥ります
必要な酸素や栄養を送る仕事を担っているのが血液であり、血管を締め付け血行不良を招く原因が筋肉の過
度な緊張です

特に首・肩・耳周りにある緊張が、耳の奥深くの内耳の血流を遮るために突発性難聴が発生し、それに伴い
耳鳴りも生じると考えられます。

• 内耳のトラブルに深くかかわる首や耳の周辺にあるコリや症状をしっかりと把握する
• 過緊張の部分を緩和させる、手・足・背中のツボを使用する
• 内耳と深く関わりのある顎関節の動きを調整するため、全身から歪みを整える
• 耳周辺や耳に直接鍼はせず、体の動きや歪みを調整し内耳の血行不良を改善させる

当院の鍼治療は、一般的におこなわれている耳周囲に直接鍼をおこなう治療ではありません。
触診や動作観察による厳選されたツボに精度の高い施術をする事で、内耳に関連する狙ったコリだけを緩め
る事が可能です。

鍼灸治療は内耳の血流をピンポイントで改善するという、突発性難聴・耳鳴りにとって最も理想的なアプロ
ーチが出来る数少ない治療法といえます

なぜ耳の周辺に、直接刺激をしないのか

耳の周辺や首のこりに対して直接刺激をしてしまうと、筋肉の防御反応が起こり、さらに緊張が増してしま
うケースが多いからです。

当院では、耳のトラブルに関係のあるコリや症状(肩こり、首こり、顎関節の不調、鼻炎、頭痛など)を、
手や足、背中(肩甲骨)の耳の奥に影響を与えるツボを厳選し、緊張部位や症状を緩和させ、現在の状態に
あわせた治療で目的である内耳に血流を行き届かせます。

使うツボは少数です。多ければ体が何をされているか分からなくなり、耳への効果が薄れてしまいます。
ピンポイントで内耳の血流を増やすには、鍼数は少数がベストです

また体への負担を減らし、回復を早めるためでもあります。

通院期間の目安

聴力は落ちる時は一瞬ですが、回復には時間がかかります。
適切な施術をおこなったとしても、聴力の戻りはゆっくりですから長期的な治療計画が必要です。

突発性難聴は、発症から1ヶ月以内であれば回復の見込みは十分にあり、1ヶ月を過ぎても3ヶ月以内であれ
ば回復の可能性が残っている為、試す価値は十分にあります。

それ以上過ぎても、日常生活に支障をきたさない程度の耳鳴りや聴力改善に繋がるケースも多々ありますの
で一概に期限を決める事は出来ません。

鍼治療における大まかな治療期間の目安は1~3ヶ月間、週2回の通院ペースが理想です。