活法整体と整動鍼

●活法整体とは?

日本の戦国時代が発祥といわれており、武術(殺法)の対となる、負傷者を治す技が活法です
ゆがみの原因である「筋肉の緊張」を“技”で取る独特な施術です。
骨格を整えるのではなく、骨格を支える筋肉の調整を中心に置いています
無理に押したり引っ張ったりせず、動きの中での調整なので、体にかかる負担がとても少ない
です。(ボキボキやバキバキといったような事はありません)
活法整体の大きな特徴は「動作の改善」を最重要視していることです。
「痛いから動けない」ではなく逆に「動けないから痛い」という考え方で
動けないのに無理に動こうとするから痛むだから「動けるようにすればよい」
活法整体には「治す」という考え方はありません。
動けるようになることで結果的に治ってしまうのです

●整動鍼(古武術鍼法)とは?

整動鍼は、活法整体をヒントにして、体の反応を徹底的に研究することで考案された最新の鍼
の治療法です。従来の体の流れを整えて治るのを待つ治療法とは違い、体のどのツボ
に鍼をすると、効果がどの場所に出るかというのをピンポイントで感じることができます
症状の原因にのみ鍼をするので、余計な鍼を使わず、体にとても優しい治療法です。
鍼には様々な流派が存在します。
その中で私が最も優れていると考える整動鍼(古武術鍼法)を採用しています。

『整動鍼』という、はりの技術の考え方は、以下の動画で説明しています。



当院で使用している鍼、パレットなどは使い捨てを使用しています。感染予防・衛生管理の心配はありません。ご安心して治療を受けていただけます。